« 「宴会大王・デーモン小暮」 | トップページ | わーい、「大奥」スペシャル »

2004.02.26

お好み焼き

 昨日のご飯は、諸事情によりお好み焼きになりました。

 お好み焼きは前から「食べたいな~」と思っていたので、ちゃんとセットを2種類買っておいたんです。一つ目はオタフクお好みソース、返しヘラ付き「お好み焼き こだわりセット(オタフク)」。もうひとつは「切りいか入 お好焼セット(山城屋)」。

 で、両方の作り方を読むと、違うんですよね~。関西風と関東風、はたまた広島風とかなのかしら?オタフクの住所は広島、山城屋は大阪か・・・。(まぁ、お好み焼きって、もともとくず野菜を使った料理だったんでしたっけ?だったら、別に細かい作法なんてのはないんでしょうが・・・。)

 お好み焼き粉の量は両方とも大体一緒。水の量も一緒。オタフクのほうには「やまいもパウダー」が他に入ります。キャベツの量も同じくらいで、卵も一緒。でも、オタフクの方には「ねぎを入れろ」とあります。揚玉の量は一緒ですが、オタフクの方は「イカ天入り天かす」で、山城屋のはイカと小エビが別袋で付いてきました。

 焼き方ですが、まず、オタフクから。

 1.生地を作ったら、200℃に暖めたホットプレートに広げ、約3分焼く。
 2.豚肉を乗せてひっくり返し、蓋をして240℃で蒸し焼きにする。約5分。
 3.蓋を取り、ひっくり返して2分焼く。
 4.オタフクお好み焼きソースをぬり、「青海苔」「鰹節」「マヨネーズ」等を書けて出来上がり。

 次に山城屋。
 1.生地を作ったら、180~200℃に暖めたホットプレートに豚バラを広げ焼き、その上に生地をのせて焼く。
 2.両端が固まったら切りイカを表面に広げひっくり返す。
 3.両面が焼きあがったら、豚肉の面にソースを塗り、「マヨネーズ」、「青海苔」、「鰹節」をかけて出来上がり。

 まとめるとこんな感じです。

 違いは、豚肉の扱いと蒸し焼きするかしないか、かな。

 昨日はオタフクを使ってみました。お店で食べるようなお好み焼きの味ではありませんでしたが、それなりに美味しかったかな。2枚目はチーズを入れてみました。
 大阪で食べたねぎ焼き、美味しかったな~。緑色のねぎがあんなのたくさん!びっくりしました。
 広島風は、なかなか自分では作れません。やはりあれはプロに焼いていただくのが一番(^^)。東京・下北沢で食べた広島焼きが一番お気に入りでした。

 今日こそきりたんぽだ!

|

« 「宴会大王・デーモン小暮」 | トップページ | わーい、「大奥」スペシャル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/235209

この記事へのトラックバック一覧です: お好み焼き:

« 「宴会大王・デーモン小暮」 | トップページ | わーい、「大奥」スペシャル »