« うわ | トップページ | 飛蚊症 »

2004.03.03

ひな祭り

 今日はひな祭りですね。皆さんのところは飾っていますか?うちは飾っていません。

 母の誕生日が3月9日なので、一時期小さなお雛様を誕生日プレゼントとして、少し早めに毎年あげていました。大きいものは場所を取りますが、小さいものはいくつも並べられるので・・・。
 で、油断すると1年中飾られていたりしていました(^^;。でも、まぁ、20代で結婚したので、晩婚になる、というのは迷信であると言うのを身を持って証明しました。まぁ、段々飾りになったのは江戸時代の初めと言われていますから、その頃30近くまで嫁に行かないなんて、行きそびれたと言われても仕方がないことでしょうけどね。だから、身を持って証明した、は言いすぎかな?

 今のひな祭りって、「上巳の節句」と「ひいな遊び」がドッキングしたものですが、「上巳の節句」って、まだ地方に残っていますけど、紙で作った人形を川に流したり、人形の一部を傷つけて(大体自分の調子の悪い部分)無病息災を願ったりしたそうです。後者は土偶に込められた思いと一緒だと思うのは私だけでしょうか?

 さて、皆さんはどうやって内裏様とお雛様を飾りますか?私個人としては向って右にお内裏様、左にお雛様の方が好きです。天皇制云々に話を飛躍させないでもらいたいのですが、お内裏様とお雛様を天皇と皇后(もしくは中宮)とすると、まず「天子南面」に立ち、左右の上位は左となります。だから、私から見たときに北の方向にお雛様を飾ると、自然に人形は南を向きます。で、人形の立場で見たときに、左にいるのがお内裏様、右はお雛様。ということは、私から見て右はお内裏様、となります。

 逆のパターンは結婚披露宴での新郎新婦の座り方と一緒ですね。向って左がお内裏様、右がお雛さま。これは、西洋の考え方の流入と、なにより、昭和のご大典の際の天皇・皇后の位置が大きく影響しているといわれています。京都御所の紫宸殿の向かって左に当時の今上天皇の高御座、右に皇后の御帳台が置かれたことから、以後、これが流行になったんですって。あれ?確か昭和天皇と皇后の写真って、全部そういう並びでしたっけ?服装に関係なく。ちょっと調べて見ますね。

 ま、うちにはないから構わないんだけど(^^;。もし女の子が生まれて、豪華7段飾りのお雛様を東京の老舗人形店で買ったら、右にお雛様、左にお内裏様を置かないといけないのかな(^^;。

|

« うわ | トップページ | 飛蚊症 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/257545

この記事へのトラックバック一覧です: ひな祭り:

« うわ | トップページ | 飛蚊症 »