« お買い物(^^) | トップページ | 小学6年間の健康記録カード »

2004.03.16

第10惑星?

 [読売新聞社:2004年03月16日 14時10分]



(引用開始)

太陽系で一番遠い星、NASAが確認(読売新聞)


 米航空宇宙局(NASA)は15日、太陽系で最も遠い天体を確認したと発表した。太陽から130億キロ、太陽と地球の距離の約90倍の位置にある。イヌイット神話の海の女神にちなみ「セドナ」と命名された。

 セドナは楕円(だえん)軌道を描きながら、1万500年かけて太陽の周囲を1周する。最も遠い時には太陽から1300億キロ離れる。

 太陽系の最小惑星冥王星(めいおうせい)の4分の3の大きさ。太陽系では1930年に発見された冥王星以来、最大の天体となる。

 氷と岩石からなり、表面温度はマイナス240度以下。火星のように赤く輝いており、衛星がある可能性もある。

 冥王星の外周には「カイパーベルト」という小天体の帯が広がり、惑星に成長しきれなかった微惑星が900個以上見つかっている。


(引用終了)


 小惑星帯が火星と木星の間にもありますが、小惑星帯のようなものが冥王星の外周にもあるんですか、知らなかった。

 計算で出るのでしょうが、それとは別に、太陽の引力ってすごいですね。いや~、びっくり。

 「セドナ」って名前になったようですが、和名って別に付けるんですよね?どういう名前にするのかしら?

|

« お買い物(^^) | トップページ | 小学6年間の健康記録カード »

コメント

意味的には海の冥府の女王って、めちゃくちゃかぶってるんでどうするんでしょうね? 次があったらハワイの神様連れてくるのかなあ。

投稿: satoshis | 2004.03.17 10:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/305931

この記事へのトラックバック一覧です: 第10惑星?:

« お買い物(^^) | トップページ | 小学6年間の健康記録カード »