« すごいでしょ | トップページ | 明日も停電 »

2004.03.02

現代英語翻訳講座

 自分を追い詰めるために、公の場に書きます。
 U-CANの「現代英語翻訳講座」に申し込み、テキストが来ました。すでに全額振込みは完了していますので、もう後戻りは出来ません。

 研究所に常勤だったとき、「ジャーナルクラブ」というのがありました。最近出た論文で、自分たちの研究に関係がありそうなものを読み、それをまとめてみんなの前で発表する、というものです。これが苦痛で苦痛で(;_;)。客員になったとき、何よりも嬉しかったのは、これに出なくてもよくなったのが一番かな(^^;。

 それでなくても、自分が携わっている実験にかかわるような論文は読まなければならないので、やはり論文読みは付いて回ります。同じ業界の人たちすべて条件は一緒だと思いますが、英語が大嫌いな私にとっては地獄だったんです!!!海外の学会で発表したときも、「こんなのを聞きに来るのはいないよな」なんて思いながら自分のポスターのところに行ったら、おひげの西洋人がすでに腕を組みながら待っていました。やめてよ~、先生(上司)助けて!って感じでした。

 今の生活をしていても、論文は読まないといけません。どうせ逃げられないのならば、克服すべくがんばるか!と思い、この講座を申し込みました。

 がんばるぞ!がんばるんだ!がんばり通せ!


 

|

« すごいでしょ | トップページ | 明日も停電 »

コメント

 お友達に「翻訳とは大きく出られましたが、翻訳家になるんですか?と言われました。いえいえ滅相も無い!
 翻訳って言っても、いろいろありますよね。小説や絵本などの翻訳から一般(啓蒙)書の翻訳、映画の字幕・CDの解説と歌詞の翻訳。そして専門論文の翻訳。

 私の目標としては、専門分野(医学・遺伝学等)の論文や専門書が原書で読めればいいんです。翻訳とは人に伝えるための作業が必要になりますが、その一歩手前まで到達できたら嬉しい、そんな程度です。あと、ハリーポッター程度がすらすら読めれば、もうそれで第一段階突破、って感じです。

投稿: みゅーみゅー | 2004.03.03 18:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/253165

この記事へのトラックバック一覧です: 現代英語翻訳講座:

« すごいでしょ | トップページ | 明日も停電 »