« 骨酒大成功! | トップページ | 「時計遺伝子の分子生物学」 »

2004.04.26

映画「CASSHERN」

 どうも友人の告別式から調子がすこぶる悪いのですが、お外は良いお天気(^^)、夫と一緒に「CASSHERN」を観に行ってきました。

 私も夫も(って、同じ歳ですから当たり前なんですが)アニメの「キャシャーン」は、再放送世代です。覚えているのはアニメのワンシーンで、ストーリーはまったく覚えていません。そんな状態での鑑賞でした。

 お話は、東教授の学会(?)発表から始まります。『人間のあらゆる部分を自在に作り出す「新造細胞」理論』を提唱し、「実験施設さえあれば実用可能」をアピールして予算を付けて貰うように保険省に訴えますが、あえなく却下。ここのミッチー扮する「内藤 薫」が登場し、軍施設内にその研究室を作りつつあることを伝え、東教授を囲い込みます。

 今だったら、その「新造細胞」に当たるのは「ES細胞」だと思うのですが、30年前にそんなものは分かっていませんから「理論」なのでしょうが、30年前にこんな事考えた竜の子プロは凄いなぁ、と思いました。

 途中まではとってもわかりやすいお話だったのですが、ラストは難解でした(^^;。私って馬鹿なのね、って実感しちゃった。

 紀里谷さん自身が「キャシャーン世代」のようで、「その当時、僕はテレビでこの作品を見ていたのですが、とにかく衝撃的だったのが、自分が生れて初めて悪者(ワルモノ)の理論に賛同したという事でした。」とプログラムの中で語っている通り、唐沢さん扮するブライキング・ボスは「影のヒーロー」と言った感じでした。勧善懲悪ものではないキャラクターでした。

 ツメロボは原作どおり!奴らが町を進軍していく様は圧巻でした。映像はかなり手を入れています。パンフレットによると、撮影したものをそのまま使ったカットは1カットもないそうです。
 
 フレンダーは違う形で登場しますが、格好良い犬でした。

 色々複線がちばめられていて、をを、と言う感じでしたけど、ラストが・・・。

 アニメ版のキャシャーンを見て見たい!と強く思いました。別に比較をしたいわけではありませんが、原作とのギャップや解釈の仕方を見て見たいと思って・・・。

 劇中では「キャシャーン」と名乗るところは1回だけ。ヒーローとしてのアピールは全くない、渋いキャシャーンでした。じみだよなぁ・・・。

 その世代の方は賛否両論なのかも入れませんが、私としては楽しめた映画でした。観に行ってよかったです。

|

« 骨酒大成功! | トップページ | 「時計遺伝子の分子生物学」 »

コメント

>くっきもさん
 地味ヒーローでしたよね。ヒロインはかわいかった!
 色々な解釈と色々なメッセージが込められているのは判りましたが、観客にどれをどう解釈して欲しいのか私にはよく分かりませんでした。勝手に「こうなのかな?」と思っていいのでしょうかねぇ。
 「お金返せ!」っていう映画ではありませんでした。もう一回観る?ときかれたら・・・、時間があったら、って感じかな。DVDは買わないで、テレビ放送を録画するでしょう、って感じかな。

投稿: みゅーみゅー | 2004.04.30 19:46

地味ヒーローでしたねえ。。(^^;
まあ、メッセージ重視映画なのでそれを読み取れないとなんだか判らん暗い映画ってだけで終わっちゃいそうです。
僕にとっては絶賛する気はないものの、マーマーというところでした。そのへんが賛否両論になる原因なのかもしれない。

投稿: くっきも | 2004.04.30 15:37

 たりぽんさん、こんにちは(^^)。
 へぇ、アニメとぜんぜん違うんですね。映画は映画で、アニメはアニメで、全然別物として楽しめる作品なのですね。
 アニメ、DVDで出ているんですか!それは、みないと!!!

投稿: みゅーみゅー | 2004.04.29 19:52

こんばんわ(^^)
映画本編の中では「キャシャーンがやらねば誰がやる」という台詞やナレーションはありませんね。TVの方はLD・BOXで持つほどのファンなのですが、原作ではキャシャーンもブライ(ブライキングボス)も「アンドロイド」です。新造細胞というのは映画オリジナルな設定ですね。原作と映画の一番の違いはTVでは自ら進んで新造人間になった主人公が映画では望みもしないのに勝手に新造人間として生まれ変わったというところですね。TVでは明確だった戦う理由が、映画版ではあまり明確にされていないところも映画キャシャーンの評価が二分する原因かなと思っています。

投稿: たりぽん | 2004.04.28 23:28

 メイリさん、こんにちは(^^)。
 とても広い層の観客がいましたので、アニメを全く知らなくても楽しめると思います。
 私達も「キャシャーンがやらねば誰がやる」のフレーズで「観に行こうか!」と決めました。が、本編ではいつ言われたのか、二人で聞き逃しました(^^;。
 もし行かれましたら、どのシーンで言われたか、観てきてください!!!

投稿: みゅーみゅー | 2004.04.27 10:13

おはようございます。
これ、珍しくオットも観に行きたいと言っています。
キャシャーン・・・名前は聞いたことがありますが
アニメも見たことなかったです。
でも、なんだか「華奢」なイメージが(~_~;)

「キャシャーンがやらねば誰がやる!!」
ってフレーズが気になります(流行らないかな~)

投稿: メイリ | 2004.04.27 09:26

 「アニメの実写版」、他にありましたっけ?
 他には「ホーンテッド・マンション」見に行きたいんですよね~。
 スターウォーズはまだかな?
 今回の映画は、タイミングが丁度合ったと言う感じで見にいけました。さいきん映画はあまり見に行かないので・・・。

 見に行かれても「みゅーみゅー、嘘付いた!」とならないことを祈ります(^^;。私としては、豪華キャストで面白かったです。

投稿: みゅーみゅー | 2004.04.26 19:13

こんにちは。お昼休みに遊びに来ました。

24日からでしたよね。
もうご覧になったんですね。いいなぁ。
最近、アニメの実写版、この手のものがブームですが、
これは、私もこれはちょっと観てみたいと思っています。
観た人の感想を聞いてから・・・と思ってましたので、
ありがとうございます。(^o^)丿

投稿: (^o^)丿mee | 2004.04.26 12:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/495449

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「CASSHERN」:

» CASSHERN [Filtration]
■公式サイト そんなわけでKILLBILL2に大満足して、続けてCASSHAE [続きを読む]

受信: 2004.04.27 21:07

» CASSHERN見てきました(ネタバレ有り) [たりーず・ふぁいる]
映画キャシャーン。見てきました。 一言で評すと、傑作ではなく問題作ですね。 一日で「名探偵コナン・銀翼の奇術師」と続けてみたので頭がボアーっとしておりますが... [続きを読む]

受信: 2004.04.28 23:29

» 憎しみと闘い、愛とキャシャーン(CASSHERN)を見て思うこと… [takeratta::Blog+]
C A S S H E R N .com つい昨日、憲法改正と戦争と平和について考え始めたときに、 ちょうどこの映画にであいました。 cちゃんのお薦め... [続きを読む]

受信: 2004.05.04 05:15

« 骨酒大成功! | トップページ | 「時計遺伝子の分子生物学」 »