« 金魚の水槽・温度管理 | トップページ | 給食占い »

2004.06.02

ボリュームの感覚

 企業に勤めていたときは、サンプリングの分量は100μLが標準で、25μLになると、少ないなぁ、と感じ、試薬を入れるのに10μLの時は、入ったか入ってないのか要注意!なんて感じでした。

 千葉の研究所では、10~20μLが標準だったかな?まぁ、何とかって感じでした。

 今は0.5μLとか1μLとかの世界です。うお、大変。

 ちなみに、牛乳パックの1Lは1000mLで、1mLは1000μLです。(リットルの「L」を大文字で書いているのは、小文字で「l」とすると、「I」や「1」と紛らわしいからです。お薬の業界では、ほとんど統一されてきたかしら?)

 なので、たまに感覚がおかしくなります。お醤油1滴が非常に多く感じたり(^^;。慣れればなんとも思わなくなるんですけどね。

#苦手なのが「dL(デシリットル)」。これを使われると、訳わからなくなります。

|

« 金魚の水槽・温度管理 | トップページ | 給食占い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/698812

この記事へのトラックバック一覧です: ボリュームの感覚:

« 金魚の水槽・温度管理 | トップページ | 給食占い »