« 「エースをねらえ!」が放映! | トップページ | 日本人の精子は2タイプ? »

2004.09.24

DNAの抽出

 お仕事で、頻繁にDNAの抽出なんて言うのをやっています。別に難しい操作はなくて、高校生に体験でやってもらえる程度の作業です。

 モノはマウスちゃんのしっぽの先っぽ数ミリからなんですけど、これが良くとれます。最後にはちゃんと糸状になって溶液中を漂っているので、これをみると「上手くいった(^^)。」とうれしくなります。

 で、ふと思ったのが、縄文人や弥生人のDNA抽出って骨からですよね。おそらく骨を酸で溶かしてから抽出すると思うんですけど、コンタミってどのくらい起こるのかしら。というのは、ネアンデルタール人の骨からDNAを採取、でも、ラボの人間のDNAと比べてみたらコンタミしていた、なんて記事を読んだことがあるからです。土に埋まっている間にもコンタミって起こるのかな?
 でも、特定の部位をPCRで増幅するのでしょうに、どうしてコンタミっちゃうのかな?良くわかりません。

 すみません、多くの方には意味不明な記事ですよね。でも、私にとっては卒論に関することなので、気になっています。(だから、敢えて書いてみました。)

 サンプルさえ手に入れば、自分で抽出してPCRかけてゲルに流すんだけどな・・・。

|

« 「エースをねらえ!」が放映! | トップページ | 日本人の精子は2タイプ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/1509836

この記事へのトラックバック一覧です: DNAの抽出:

« 「エースをねらえ!」が放映! | トップページ | 日本人の精子は2タイプ? »