« DNAの抽出 | トップページ | 「ツキアイゲノム」を判定する »

2004.09.25

日本人の精子は2タイプ?

縄文系は秋、弥生は春に濃い?日本人の精子に2タイプ(読売新聞)

--- 引用開始(一部抜粋) ---
中堀教授によれば、このDNA構造の違いから、日本人男性は、2万年以上前、アジア大陸から日本に移住してきた「縄文系」と、3000年前から朝鮮半島経由などで渡来した「弥生系」に大別できるという。
 両グループの精子濃度をみると、理由は不明だが、「縄文系」は7月ごろから12月までが濃く、「弥生系」は2―7月に濃いパターンだとわかった。

--- 引用終わり---

 いろいろと疑問はあるんですけれども、とりあえず「へ~」という感じです。

 身近なところでは、私は縄文系、夫は弥生系だと思っていました。どうでもいい話ですね(^^;、我々のことなんて。

 これはどこの雑誌に投稿したのかしら?普通出典を書いてくれるんですけど、この記事には有りませんでした。これを研究している研究者たちは不妊治療に利用できるかもと言っているようですが、私は遺伝子の方に興味があります。

 男性故にY染色体由来のようです。ミトコンドリア・イブならぬY染色体アダムがいたりして。(ないと思いますけど。)

|

« DNAの抽出 | トップページ | 「ツキアイゲノム」を判定する »

コメント

きゃー。。。

思いっきり勘違い…
うーん、スイスのどこと勘違いしたんだろう。。。
似たような名前...

ま、いいや(笑)
その時期、流石にヨーロッパから離れる訳には行きませんわぁ。。。

投稿: KEN@Milano | 2004.09.26 21:31

> (^o^)丿meeさん
 ハイレベルな話というわけでは無いと思いますが、多くの方に馴染みがないのでしょうね、こういった話題は。ま、一人くらいこういう話題でblog書いている人間がいても許していただけるでしょう(^^)、ということで。
 基礎研究は、それが実を結ぶか結ばないかわかりません。だからかな、最近は予算を削られる方向になるように思います。でも、『癌』に絡めた研究というのは国がお金を出してくれやすくなったりするようです。

>KEN@Milanoさん
 小難しいかしら?ま、たまには良いでしょう。
 ウィスラーはカナダです。行けたら良いんだけど、うーん、私自身がまだわからないという状況。

>メイリさん
 梅原猛先生の講演会に行かれたことがあるんですか、いいなぁ!こんなに時代がたっても、縄文顔とか弥生顔とか、何が好きか、なんてのが残っているなんておもしろいですよね(^^)。

投稿: みゅーみゅー | 2004.09.26 17:51

なんだか難しいけど、おもしろいっ!!
以前、梅原猛先生の講演会に行ったのですが、
「縄文人と弥生人」がテーマ。

余談として、梅原先生は
「縄文人はうどん好きで、弥生人はそば好きだった」
と言われてました。。
弥生人顔では「タモリ」がその典型だと・・・。(^_^)

投稿: メイリ | 2004.09.26 08:38

何のことやら、、、(笑)
最近のネタ、ちょいと小難しいですなぁ。。。

11月下旬ならヒマです。12月頭でも。でも、寒そうだべ。。(苦笑)ベルンから20分ほど行ったところに叔母さんが住んでるのですが、ウィスラーってのはそっから近いのかねぇ。。?!(この前初スイスだったので地理感覚なし)

因みにミラノからベルンは4時間半程ですなぁ。冬のスイス、それはそれで楽しそう。。

あ、内容と全然関係ないって?
スンマソン…

投稿: KEN@Milano | 2004.09.26 08:06

昨日に続いて、ハイレベルの話題ですね。

へ~って感じです。
ほーって感じもします。
私には、どの研究が、何に活かされるのか、よくわからないのですが、地道に研究をされている方ってすごいなぁ。
こうして、現代に至り、未来に役立っていくのですね。
みゅーみゅーさんのところへ来ると、普段知らない世界をほんの少し垣間見ることが出来たような気分になります。(^^)


投稿: (^o^)丿mee | 2004.09.25 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/1520534

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の精子は2タイプ?:

« DNAの抽出 | トップページ | 「ツキアイゲノム」を判定する »