« 2004年10月14日 部分日食 | トップページ | 見るぞ!「大奥」 »

2004.10.03

超新星爆発が予測できるの?

 近日中に超新星爆発観測の可能性…NASAなど初予測(読売新聞)

 という記事を読みました。「ガンマ線バースト」現象と「X線フラッシュ」現象を、別々の天体から観測したそうです。なので、3カ所の超新星爆発を10日から20日の間に観測できたとしたら、彼らの予測は正しい方法で導かれたことになるのでしょう。

 「超新星探索」って、アマチュア天文家の中では一つの分野として確立しています。昔は自分の目で銀河を確認し、「今日見えている銀河」と「前回見えた銀河」をスケッチ上(もしくは写真)で確認し、超新星があるか無いかを確認していました。今はCCDを搭載した望遠鏡で銀河の画像を撮り、PCの画面上で「前回撮影した銀河」と「今回撮影した銀河」に違いがあるか無いかを瞬時に見ることができます。

 最近落ち着いてきたので、望遠鏡買ってCCD付けて超新星探索やりたいなぁ、なんて思っていたのですが、もし予測が的中したら、価値は半減してしまうのかしら?でも、宇宙は広いから、全部を網羅できないだろうし・・・。まだ当分大丈夫かしら?

|

« 2004年10月14日 部分日食 | トップページ | 見るぞ!「大奥」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/1580416

この記事へのトラックバック一覧です: 超新星爆発が予測できるの?:

« 2004年10月14日 部分日食 | トップページ | 見るぞ!「大奥」 »