« 地震、大丈夫でしょうか? | トップページ | お気に入り<塩 »

2004.10.23

筑波山ハイキング、いや、登山!

 お天気が良かったので、筑波山に登ってきました。

 家を出たのが8時40分、筑波山には9時10分には着いていました。近いなぁ・・・。


 今からこの山に登ります!

 スタートは筑波山神社です。

 当初、男体山山頂から女体山山頂に行き、町営の無料駐車場に帰ってくるというルートを設定しましたが、いきなり道を間違えて、女体山山頂へ至る道を進んでしまいました(^^;。今後迷わないかなぁ。大丈夫なのかなぁ・・・。

 最初はうっそうと木が生い茂った道(石と木の根が階段状になっているところ)をひたすら登りました。この時点でかなりきつかったです。心拍数は通常の倍、汗は流れ落ち、かなり運動不足を夫と二人で自覚しました。ここでフリースを脱ぎ、長袖のTシャツに。寒いことは想定していて、GOA-TEXも持ってきましたが、ただの荷物となりました。

 「つつじヶ丘」との分かれ道を過ぎたあたりから少し明るくなり、大きな岩と大きな木の道となりました。

 途中弁慶茶屋だったかな、ここで心太とポカリスエットを戴きました。ここのところてん、とっても美味しかったです!おばさんが「おつゆまで飲んでね」と言っていた意味が分かりました。

 ここの時点で気温12.5℃だったようです。立ち止まって休むと寒いのですが、フリースを着るとちょと暑いという、脱ぎ着が出来る格好にしていって良かったと思いました。

 ここを過ぎたあたりから、巨大な岩が沢山見られました。その一つ一つには名前が付いていました。


 これは「弁慶七戻り」です。

 ほかは「高天ヶ原」、「出船入船石」、「母の胎内」、「北斗岩」、「ガマ岩」、「大仏石」などです。大仏石やガマ石は、本当にそのように見えました。女体山山頂へのラストはロッククライミングでした。おもしろかったけど、かなりきつかったです。でも、お子様も登っていたので、ロープウエーやケーブルカーをうまく利用すれば、ファミリーレジャーにはもってこいなのではないかしら。

 女体山山頂はごつごつの岩場でした。遠く霞ヶ浦が見えましたが、あまり透明度が良くなかったらしく、富士山や太平洋は見えませんでした。

 ここから男体山山頂に向けて出発しました。途中子供会の団体(らしい)お子様の軍団に会いました。お子さんは元気ですね。途中御茶屋さんが4~5件あったので、「みゆき」という御茶屋さんに入り、けんちんうどんを食べました。美味しかった!!!

 その後階段を上って男体山山頂へ。山頂到達の達成感は、女体山の方が上だったかもしれません。

 この時点で13時半。下りは足のことや体力を考えて、ケーブルカーで降りました。所要時間8分。

 筑波山は平地にいきなり現れる山に見えます。中腹の神社から山頂まで、よく登ったな~、と自分をほめてあげました。ものすごくおなかがすいて、この後ピラフも食べてしまいました(^^;。

 足場の悪いところでは、スキーの時(コブ斜)に出てしまう両足で飛び降りて腰をひねる、というのを乱発してしまいました。いけないいけない。来るべきシーズンに先駆けて、体力作りをしないとなぁ、と思いました。

 まだまだほかにもルートがあるようですので、近いうちに行ってみたいなぁ、と漠然と思いました。夫は連れて行ってくれるかなぁ・・・。

 皆さんも、もし筑波山に登ることがありましたら、私も誘ってください(^^)。

#既に腿の裏が痛いです。でも、本格的な筋肉痛は明日来るのでしょうか。あさってだったらショック!


|

« 地震、大丈夫でしょうか? | トップページ | お気に入り<塩 »

コメント

>ピーちゃんの身元引受人さん
 日曜日の夜がピークでした。月曜日の夜にはほとんど治っていました<筋肉痛。・・・・・・・微妙。

>フォーマルハウトさん
 お若いですね<肉体。
 私は今回内ももが痛くて痛くて・・・。でも、マッサージもせずに治ってしまいました(^^)。ラッキー。

投稿: みゅーみゅー | 2004.10.26 22:38

筑波山、懐かしいなぁ。。
15年前、土浦にいた頃に、当時のCAE実習の仲間と登りました。
2年間の土浦での生活の締めくくりのような物です。
あれ以降、筑波に行くことは殆どなくなりましたが、遠目に見ることはありますねぇ。
ちなみに僕の場合は、激しい運動をやっても今の所は翌日一杯筋肉痛になるぐらいで済んでいます(^^;。
よ~く筋肉をほぐされることですね。

投稿: フォーマルハウト | 2004.10.24 16:13

僕は明後日に一票!

イテッ(`ε´)

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2004.10.24 13:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/1754969

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波山ハイキング、いや、登山!:

« 地震、大丈夫でしょうか? | トップページ | お気に入り<塩 »