« おおきい!美味しい! | トップページ | 流行語大賞 »

2004.12.02

柿の渋み

 夫と話をしている時に教わったのですが、柿の渋取りって、渋みを分解するのでは無く、水溶性の渋みの成分を不溶性にすることなんですってね。知らなかった~。

 じゃあ、この渋みってなんなのかしら?と思って調べてみました。タンニンなんだ~。へ~。干し柿も、渋柿を干すことによって渋抜きする、とは聞いたことあったのですけど、その正体がタンニンだとは・・・。

 渋抜きにも色々あって、焼酎抜きやドライアイス抜き(炭酸ガス)、焼酎抜き(アルコール)、風にさらす、加熱(といっても、25℃らしい)、硫黄泉に漬ける、などあるようです。

 私、若い柿が渋くって、熟してくると甘くなるんだと思っていましたが、ずっと渋柿ってのもあるんですね。

 渋みは皮の近くにあるから、渋柿は皮を厚く切ると食べられる、と、職場の秘書さんが教えてくれましたが、皮を厚く切るともったいないような気がしてしまうのは、私が貧乏性だからでしょう(^^;。

 今日は15へぇ。

|

« おおきい!美味しい! | トップページ | 流行語大賞 »

コメント

>たえちゃんさん
 初めまして。
 おそらく、ビニール袋にドライアイス(もしくは炭酸ガス)をいれ、リークしないようにきっちりと封をし、2~3日置いておけば抜けると思いますよ。

投稿: みゅーみゅー | 2005.11.04 19:32

ドライアイスで渋抜きする方法だれかおしえてくださーい

投稿: たえちゃん | 2005.11.04 17:13

> nori_992-07さん
 初めまして、コメントをどうもありがとうございます。お返事が遅くなり、申し訳ありません。
 お湯にさわす、ですか。初めて聞きました。干した皮は川とか池ににいる鴨さんにあげるのでしょうか?それとも、鴨さんが食べに来るのかしら?
 今後ともよろしくお願い致します。

投稿: みゅーみゅー | 2005.01.13 13:35

>メイリさん

>ところで、干し柿を作る際に、渋柿の皮をむいたのですが、
>それをまた干しているんです。これって何かに使えないかなあ

我が家では、こうして干したものは、鴨の餌(エサ)にしています。
これに限らず、あまった野菜・果物は、全て干して鴨のエサです。

投稿: nori_992-07 | 2005.01.10 11:31

おはよ~さま(山形弁で、おはようございます)
お湯で醂(さわ)す、なんてのもあるようです。
http://blog.goo.ne.jp/nori_992-07/e/e6a7b26f5820cd69a2b9ae06c84820ce

投稿: nori_992-07 | 2005.01.09 09:28

>メイリさん
 お返事遅くなって済みません。皮のことですが、調べてみたのですが、わかりませんでした。お役に立てなくて申し訳ありません。
 干し柿って、柿の皮をむいて、つるしておけば出来るんですか?だったらやってみようかな~。

投稿: みゅーみゅー | 2004.12.08 00:28

我が家も渋柿を頂いたので、全部干し柿にしちゃいました~。
1個くらい、残して、焼酎漬けにしてみれば良かったです~。
残念っ(>_<)!!

ところで、干し柿を作る際に、渋柿の皮をむいたのですが、
それをまた干しているんです。これって何かに使えないかなあ?
もしご存知でしたら教えて下さいませm(__)m

投稿: メイリ | 2004.12.03 18:09

水溶性が不溶性に・・・へえ~~そうなんだ。私も「渋み成分が分解される・・」程度にしか思っていなかった。さすがに科学者だねえ、ダンナさん。

ちなみに、私は渋抜きした渋柿のほうが、もともと渋くない柿よりおいしいような気がするけど、なぜかな?

投稿: マコト | 2004.12.03 08:45

そういえば昔、天文台の人たちがドライアイス抜きをするんだ(多分冷却用においてあるのを使ってた?)と教えてくれましたが、方法や理屈は知りません。ガスに浸すの? それも不溶性に関係あり?

投稿: かんねん | 2004.12.03 05:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/2135453

この記事へのトラックバック一覧です: 柿の渋み:

« おおきい!美味しい! | トップページ | 流行語大賞 »