« 震度5弱 再び | トップページ | きゃぁぁぁ~ »

2005.02.17

浄水器について 1

 私が持っている浄水器は、Royal Waveという商品です。一応「医療用具」になるのかな?

 NSF STANDARD 53 TEST PROTOCOL で、水質基準を決めているのですが、上記の浄水器のはこれをクリアする水準の水が得られるフィルターを使っています。このフィルターは中空糸膜で、私も実験室で使っているのですが、0.04μmの穴に水を通して、これを通れない細菌やゴミを除去するというものです。他には人工肺などにも使っている代物です。

 酸性水は、顔を洗ったりするとお肌つるつる(^^)。まな板の除菌にも使えます。

 アルカリ水は飲み水です。
 一応これが欲しくてこの浄水器を買いました。私はアトピーはないのですが、腎臓が弱いので、なるべく良いお水を毎日普通に飲みたかったんです。

 アルカリイオン水を飲んでアトピーを治そう!とか、体質改善をしよう!とかいうのがありますが、これって確か、ただの水を毎日2L以上飲まないといけないんですよね。お茶やコーヒーにしたものは不可だったと記憶しています。これ、私もチャレンジして、確かに飲んでいるときは体調良いのですが、仕事しながらでは無理がありました。あと、作成したての水じゃないと効果半減だった気もします。このあたりは興味のある方はご自身で調べてみてください。

 この機械の場合は、グリセリン酸カルシウムを取り付けて、カルシウム分を添加しています。

 蒸留水は、本当に沸騰させてその蒸気から作っているわけではないですけど、pH7.0(これは確かめました)の水です。金魚にも使っています。
 金魚の水槽は酸性に傾くので、お水を足すときはちょっとアルカリにしたお水を入れています。彼ら、元気に泳いでいます。

 川崎市はお水がおいしかったのですが、千葉市とつくば市は最悪です。
 私が買ったときはものすごく(?)高くて25万円以上しました。が、最近は10万円を切る価格で出てきています。

 フィルターは1万8000円です。まめに洗浄すると1年半~2年持ちます。

 とりあえず思いついたことを書いてみました。他に思い出したら第2弾を書きます。

|

« 震度5弱 再び | トップページ | きゃぁぁぁ~ »

コメント

 酸と塩基ですが、水道水を浄水フィルタ(私のの場合は中空糸膜)に通し、特殊な隔膜を介し電気分解した場合に陽極・陰極側に生成される水、ということになっているようです。NaCLやKClを添加する装置は、もっと強い極性を示す水が得られます。
 フィルターで何でもかんでも除去しちゃうので、カルシウム分を添加したりしています。で、強酸水は空気中に置いておくと塩素化合物が塩素ガスとして空気中に放出されるためにすぐただの水になってしまいますので、無害とされています。
 ここら辺の話をパート2に書こうかと思っていたのですが、スキーから当分先になりそうです。

投稿: みゅーみゅー | 2005.02.22 11:35

浄水器のこと、よくわかりました。アルカリ水・酸性水って使い分けることで便利になりそうですね。でもちょっと疑問なんですが、アルカリ水、酸性水って、結局何が違うのでしょうね。水道水に、元々含まれていたミネラルや塩基(いわゆる不純物)を、振り分けているという事なのでしょうか? でも、それだけだと、いわゆる純水(に近い水質の水道水)を通したら、分けられないですよね? ...あ、でも、自力でミネラルの添加もしてるのか!思ったよりもハイテクかもしれないなぁ...
理屈はともかく、便利そうだからウチも欲しいなぁと思いましたが、10万ですか(^^;衝動買いできる値段ではないですねぇ...
タイトルが「浄水器について1」ってことは、追加情報もあるのかな~(^_^)

投稿: ふみ☆ | 2005.02.18 13:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/2971748

この記事へのトラックバック一覧です: 浄水器について 1:

« 震度5弱 再び | トップページ | きゃぁぁぁ~ »