« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005.03.30

小学6年間の「健康記録カード」

 最近昔の雑貨をひっくり返していたら、小学1年から6年までの「健康記録カード」なるものが出てきました。

 はしかや自家中毒、水疱瘡にいつなったかとか、出生児の体重、栄養法などが記載されています。

 すごいのが、1年から6年まで、4ヶ月に一回身長と体重を計っていること。これを見ると、私は爆発的な成長がなかったことが分かります。

体重 1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生
4月 18.8kg 21.1kg 27.5kg 24.5kg 27.1kg 29.6kg
9月 19.0kg 21.0kg 22.5kg 25.5kg 26.7kg 29.9kg
1月 20.2kg 22.0kg 23.7kg 26.2kg 29.1kg 33.3kg

身長 1年生   2年生   3年生   4年生   5年生   6年生
4月 113.8cm 119.6cm 124.5cm 129.0cm 134.3cm 140.1cm 
9月 115.6cm 121.4cm 126.2cm 131.0cm 136.6cm 142.7cm 
1月 117.4cm 123.0cm 127.9cm 132.7cm 137.9cm 145.1cm

 それと、私の時代にはまだインフルエンザの予防接種は全員年2回行っていましたので、その記録も着いています。あと、風疹をいつやったとか、扁桃腺を腫らした、とかも書いてあります。

 これは今後も取っておこうかと思っています。

  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.03.28

@nifty:NEWS@nifty:虫のフンだった!…古墳石室の土粒、学者ら「まさか」(読売新聞)

@nifty:NEWS@nifty:虫のフンだった!…古墳石室の土粒、学者ら「まさか」(読売新聞)

虫のフンだった!…古墳石室の土粒、学者ら「まさか」(読売新聞)

---一部抜粋---

 古墳の横穴式石室を中心に各地の遺跡で出土し、五穀豊穣(ほうじょう)や子孫繁栄を願う儀式に、米の代用品として使われたと推測されてきた謎の土粒が、実はカブトムシかコガネムシの幼虫のフンだったことが28日、奈良県桜井市教委の調査でわかった。

 “遺物”として、詳細な分析を続けてきた考古学者らを驚かせたり、苦笑させたりしている。

 桜井市教委が6年前、同市倉橋のカタハラ1号墳(6世紀中ごろ)を発掘したところ、米に似た硬い土粒が横穴式石室の床面から大量に出土。1か月がかりで1949粒を数え、3~8ミリの3種類の大きさに分類できることもわかった。

 ところが、他の研究者から「虫のフンに似ている」との指摘があり、同県橿原市昆虫館に鑑定を依頼。形や3種類の大きさなどが、2回脱皮して成長するコガネムシ科の幼虫のフンと一致することが判明した。石室は盗掘を受けるなどして開口しており、中に入り込んで、腐葉土などをえさにし、未消化の土が排せつされたらしい。


---引用終わり---

 いやはや、一月掛かってフンの数を数えた方々、お疲れ様です。

 こういう記事を見ると、他分野との連携が本当に必要だなぁって思います。

 漫画のネタですが、『動物のお医者さん』で、清原が平九郎の血液を自分の血液と偽り、技師さんを驚かせる、というのがありました。報告を受けた漆原教授達が見たら「なんだ、犬の血じゃん」でことは終わるのですが、そんなのヒト専門の技師が見たって分かるわけありませんよね。

 これと同じで、同じものを見ても分野が違えば見方が変わります。一つの分野で謎な者でも、他の分野ではおなじみのものもあるかもしれまん。

 良い例は、藤原京のトイレの遺構から出てきた寄生虫の化石から、当時の人々の食文化が分かったというもの。これって、医動物の専門の方々のご尽力があったことでしょう。

 考古学も、いろいろな分野の方と連携して、今まで分からなかったことがどんどん分かると良いな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.27

ラジオをPC経由で聞きながらMP3で録音する

 明日の22時から、ニッポン放送系列で「デーモン小暮 ニッポン全国 ラジベガス」がはじまります。関西では「ラジオ関西」で放送される模様。

 で、もともとラジカセは、ラジオが聴けて、カセットテープも録音・再生ができて、MDも録音・再生が出来て、CDも聞けるというのを持っているので、これを使って聞くことにしました。(カセットテープをMDに落とすために買ってきたもので、ラジオを聞いたのは今回初めて。)

 で、パソコンはデスクトップ2台壊れたままなので(涙)、VAIOノートに頑張ってもらいます。

 友人が「STSREC」「午後のこ~だ」というフリーソフトを紹介してくれたので、それをダウンロードしてきました。

 これで、ケーブルでラジオとPCをつなぎ、STSRECで録音予約をしておけば、電源さえ落とさなければ毎日録音しておいてくれるはずです。非常に楽しみです。2週間でCD1枚に焼いていくつもりです。

 家の構造上の問題かもしれないのですが、ラジオにノイズが入ります。クリアな音で録音したいなぁ。

 問題なのが、4月1日から夫がアメリカに行きます。夫とのコミュニケーションは音声チャットになるのですが、そのときにマイク入力はラジオに取られているということ。

 顔の画像は送るから、やりとりは文字で良いかしら?なんて思っています(^^;。

 これのためだけにPC買うのもねぇ・・・。どうしようかしら。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.03.24

彼はどうしているんだろうか?

 WEBにつなげば、いろいろな情報が引き出せる昨今ですが、どうしても探し出せない友人がいます。

 小学1~2年と同じクラスで、3年生の時に突然引っ越してしまったK君。消息が気になっているんです。

 結構仲が良く、私には珍しくお宅にお邪魔させて頂きながら遊んだ男の子です。とても勉強が出来、密かに張り合ったりしていました。泣き虫でしたが、優しいく賢い友達でした。

 いきなり引っ越すといわれてから、1週間しないうちにいなくなってしまいました。お別れにもらったキキララのカップとソーサーは、かなり長い間使いました。

 最近知ったのですが、彼のお父さんが詐欺で捕まって、新聞に載ってしまったらしいのです。それを気にした彼のお母さんが引っ越しを断行したそうです。

 母と彼のお母さんも仲が良かった(PTAの役員仲間)ので、引っ越しした後も母から連絡を取ったそうですが、一度も返事がなかったそうです。

 今、彼はどうしているんだろうか?好きとか嫌いとか、そういうレベルではなく、単純に消息を知りたいと思っています。でもねぇ、下手をしたら名前(姓)も変わっているだろうし、何より私の姓もころころ変わっているので、向こうから私を捜そうにも、その伝手はないんですよね。

 アルバムを見ていて、ふと「彼はどうしているんだろうか?」と思ったので、書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.23

「私をスキーに連れてって」

 見ました!「私をスキーに連れてって」!!!

 連続で2回も見ちゃいました。一回目はスキーに行く車の中で。2回目はみんなが温泉に行っている間に。

 キャスト、結構いい人が出ていますね。原田知世さんのお姉さん、初めて見ました。

 スキー仲間に「必ず見ろ!」と言われた意味が分かったような気がします。ゲレンデでみんなで滑っている姿はとても楽しそうで、「私もあれをやりたい!」と思わせる演出ですね。

 さてさて、プリンターの音が今の「ウィ~ン」とは違い、「ピーゴーピーゴー」だったのが懐かしさを憶えました。「凍ってるね」「うぅ~ん」の意味も分かったし、とっても楽しかったです。しかし、姐さん二人、無茶する・・・。むち打ちになっちゃいます。

 あれって、一応ラブストーリーなの?にしては、三上さん、味も素っ気もない応答してましたけど<知世ちゃんが一人で万座に向かい、転けているときに合流したシーン。あの場面でスキーのテクニックの指導はないでしょう(^^;。

 私も当時スキーやっていて、ゲレンデで転けたら誰か助けに来てくれたのかな~。全然助けてもらった記憶がないんですけど~。いいな~。

 あー、もっと上手くなって、颯爽とゲレンデを滑りたいな~。来シーズンはこそ練して、上手くなってみんなをびっくりさせるんだ!

 ということで、気に入りました(^^)。安いのがあったら買っちゃうかも(^^)<「私をスキーに連れてって」。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005.03.22

この薬、効くわ~<気管支を広げる薬

 今回咳が酷いです。喘息のような咳が出ます。

 で、今回処方された薬で、初めてのものがありました。

 ホクナリンテープです。

 経皮的に薬剤を吸収させて気管支を拡張させる薬のようですね。私の場合はシールを胸に貼るように指示されました。夫の知り合いは、喘息の薬として腕に貼っているようです。

 貼ってすぐに違いがわかりました。確かに咳の種類も違ってきました。

 へぇ。この薬、効くわ~。飲み薬はフスコデ散が出ています。これで随分と楽になりました。

 薬業界にいたのも5年前になってしまいましたが、いろいろなタイプの薬が出てきていますね。良いことだ(^^)。
 経皮型がこんなに効くとは思っていませんでした。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

私は花粉症ではありません

 どうもお通夜の日に身体を冷やしたようで、その夜、寒いわ喉が渇くわで寝られませんでした。

 土曜日、喉が痛くて声が出ません。熱いものも食べられなくなりました。これはまずいと内心思って、家に帰ってからすぐに寝ました。

 日曜日、鼻水とくしゃみの嵐に襲われました。くしゃみ10連発なんて珍しくない状態です。

 あぁ、花粉症の方々は、こんな症状に見舞われているのね、こりゃ大変だ!

 月曜日、ちょっと調子が良かったので、夫と近くに出来たQ’tの見学へ。人混みに入ったのがまずかったのか、その夜38度を超す熱にうかされました。

 今日、熱は下がったのですが、咳のしすぎで吐き気がします。鼻は詰まったままで頭がぼうっとします。温度差があるとくしゃみがとまりません。

 皆様、風邪にはお気を付けください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.19

脱力

 おととい17日に友人が亡くなったという知らせを受けました。随分年上の友人ではありますが、46歳、やはり「早すぎる」という印象を受ける死でした。

 副鼻腔癌が原発でした。重粒子線の治療で、一時は根治したと思われましたが、昨年9月にリンパ節転移して、原発巣も再発したようです。その後、骨にも転移して、最期を迎えられました。
 
 私でさえ「残念」「無念」「脱力感」を覚えます。況やご家族・親戚、そして古くからの友人の方々は・・・。

 重粒子線の治療を受けられると聞いた時、正直「ラッキー、だったら絶対に治る!」と思いました。重粒子線の治療を受けるに当たって、かなり細かい検査をします。そのときの条件に、転移がないこと、重粒子線が効くタイプの癌であること等、重粒子線で叩ける癌かどうかの審査を受けます。重粒子での治療を受ける資格を持つ=根治、そんな図式が私の頭の中にありましたから。

 重粒子治療センターと同じ敷地で働いていた時に入院されていたので、実験の合間によくお見舞いに行かせて頂いたものです。あのときは、この日が来るなんて全く思っていませんでした。

 昨年4月に、同じ仲間内の友人を癌で亡くしました。それから1年経たないうちにまた友人を見送ることになるなんて、やるせません。

 最後に友人と会ってきました。見慣れたスキーウエアのインナーが掛けてありました。一緒にもっとスキーしたかったな。

 彼岸で思いっきりスキーしながら休んでもらいたいと思います。もう腰痛に苦しむことも、食欲不振に悩まされることもありませんものね。

 合掌。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.17

焼酎

 初めて飲んで感動した焼酎に「魔王」があります。当然初めは名前に惹かれて飲んでみました。

 芋焼酎なのに臭くなく、この焼酎から私はすべての焼酎が飲めるようになりました。

 先日、「大魔王」というのを見つけたので、買ってみました。

 「魔王」と「大魔王」、どちらも良いところが違うので、甲乙付けがたいです。


 野沢の帰りに、「栗どっこ」という、小布施の栗を使って作った焼酎を買ってきました。これが結構癖がある。

 私の場合、焼酎は次の日に残らないので、夫がスコッチを飲んでいる横でたしなみたいと思います。


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.15

閣下のラジオスタート!

 デーモン小暮 日本全国 ラジベガス毎週月曜日から金曜日まで22時から24時まで3月28日(月)にスタートします!!!

 いやぁ、楽しみです。本当に楽しみです。

 閣下のオールナイトニッポンを聞いたことがある方ならば、あの楽しさをご存じだと思います。あれがまた聞けるのかと、それも毎日聞けるのかと思うと嬉しくなります(^^)。

 今回はMP3にすべてファイルするつもりです。

 もし機会がありましたら皆さんも聞いてみてください(^^)。

| | コメント (7) | トラックバック (3)

十二国記

 2004年3月15日から再放送されていた十二国記が、先日3月3日に全45話の再放送が終了しました。途中地震で放映が中断したこともありましたが、全部の録画を無事にすることが出来ました。かなり嬉しいです。(まだDVDへの編集はしていません。ここでしくじったらかなり悲しい。)

 小説とは違った楽しみ方が出来たので、満足です。全く恋愛関係が出てこないので、すっきりしています。ロールプレイング・ゲームに似た展開なのかな?(その手のゲームしないからよくわからないけど。)

 次のアニメはどうしようかな。とりあえずは録画しておくつもりです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.14

取り憑かれたように・・・

 うらやましがられていますが、ここのところ毎週、身を削りながら遊んでいます。

 いろいろ嫌なことや考えることが仕事上で多く、そこで沈みそうな気持ちを平常に保つため、大好きなスキーをし、夫と一緒に美味しい物を食べて気分を上向きにしているという感じです。身体はかなりぼろぼろになってしまったので、今週はおとなしくしているつもりです。

 4月になったら確実に私の生活は変わるわけですが、仕事の環境はどうなるのかな。難しいところです。

 やりたいこと、勉強したいこと、やらなければならないことがたくさんありますが、良い精神状態で、常にポジティブに生きたいと思っています(^^)。

 皆さん、一度しかない人生ですから、明るく楽しく、満足感に満たされるような生活を日々送りたいと思いませんか?一緒に前進しましょう(^^)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

長板を捨てる

 夫と私のスキー板です。

 夫の板は195cm。今では普通になっているプレート入りのビンディングですが、既にフィッシャーの板には付いています。重い重い(^^;。この板にはいつも置いてきぼりされました。

 私の板はカービングの初代で、162cmです。まだ自分の身長よりも長い板を履いていました。正直言って、この前に履いていたヘッドの175cmとの差があまり判らなかったんですよね(^^;。操作性があがったのは確かだったのですが、やはりもの凄いヘタッピは、道具では補正されなかったようです。

 今履いている板はとても調子が良いです(^^)。

 思い切って捨てたのは、来月から粗大ゴミが有料化になるからです。スキー板程度だったらそんなに高くはないのでしょうが、これを良い機会と思って思い切って捨てました。気持ちとしては、私の板を何方か履いてくれたら嬉しかったのですが、もらい手が見つからなかったのです。

 今の板はまだまだ頑張ってもらうつもりです。夫も昨シーズン履いただけだから、まだまだ履いてもらいます。

 来シーズンはこっそり練習して、うまくなるんだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.13

野沢温泉スキー場

大好きなユートピアゲレンデにいます。コンディションは良いです。050313_111004.jpg

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.03.11

50代の男性かぁ・・・

 こんな記事が出ました。

---記事抜粋---


キトラ古墳被葬者は50歳代男性か…文化庁

 奈良県明日香村のキトラ古墳(7世紀末~8世紀初め)の石室で出土した頭骨の破片約100点と歯23点を鑑定した結果、被葬者は50歳代の男性の可能性が高くなったと、文化庁が10日、発表した。



------

 これを鑑定したのは片山一道・京都大教授。自然人類学の先生です。私がやりたい人類学は、古代人骨からDNAを抽出していろいろ調べる、というのなのですが、基本は同じです。まず形態を観察して分類を行ったり、歯の摩耗から年齢を割り出したり、病歴を調べたり・・・。いいなぁ、こういう研究もしてみたいな~。

 記事の中では、キトラの被葬者について触れていましたが、個人的には高市皇子だとすごいなぁ!!!って思います。(長屋王のお父さん。)

 さて、これから野沢温泉でーす。いってきまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.09

初体験、スッポン鍋!

 美味しかった~!!!

 初めてスッポンを食べました。また食べたいです!!!

 おじゃましたのは河童というスッポン料理専門店です。

 前日にガイドブックで夫が見つけ、「スッポンって食べたこと無いよね」という一言で決まりました。本当は要予約のところをいきなり行ってしまいましたが、皆さん、予約して行ってくださいね!予約がないとお店を開かなかったりするんですって。

 外観です。この隣に養殖場があり、温泉もあります。

 注文してからスッポンを捌くので、30分程度時間がかかります。その間に温泉に入っておなかを空かせることが出来ます。
 この温泉、「濃い」感じがしました。あと、この温泉の熱をスッポンの養殖に利用しているようです。

 さて、お風呂に入ってさっぱりしたところに出てきたのが上の液体です。

 赤と緑(^^)。赤は有名な「スッポンの生き血」です。お酒で割ってありますので、とても飲みやすく、臭みもありませんでした。(溶血させているので、血餅も出来ていません。おそらくお酒の中に血液を採っているのではないかと想像しますが、聞いていないので間違っているかもしれません。)

 緑は「胆汁」です。これもアルコールで割ってあるため、そんなに苦くありません。
 この胆汁、酸化して緑になります。うーんと、赤ちゃんのうんちが緑になることがありますよね?あれは胆汁中のビリルビンが腸内に長く留まっていると酸化されて緑色になった結果です。吐いた時に出てくる苦い黄色い液体、あれが胆汁です。良く「胃液」という話を聞きますが、胃液は透明または白色です。
 
 話が脱線しちゃった(^^;。

 この後、土鍋の中に、既に食べられる状態にまで煮られたスッポンが出てきました。
 もの凄く美味しい出汁に入っていました。あの出汁、絶対に30分やそこらで出る味ではありません!きっと甲羅(?)とか頭とかをじっくり煮て、あのすばらしい味を出しているのではないかと思われます。

 スッポンも美味しい。あれは初体験の触感でした。アンコウに似ているけどちょっと違うな~。

 スッポンの肉を食べ終わったら、お野菜を食べました。これは普通のお野菜。

 最後は雑炊で締めです。
 最後まで食べました。残りなしです。

 本当にお勧めです。是非食べてみてください!!!

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005.03.08

那須塩原温泉 梅川荘

 今回泊まりました梅川荘の夕飯は、「イワナ三昧プラン」にしました。イワナ大好き~!

 まず登場したのが「イワナの唐揚げ」でした。頭からしっぽまで、余すところ無く戴きました。さくさくして、脂っこくもなく、とっても美味でした(^^)。

 お膳です。イワナのお刺身、イワナの塩焼き、しゃぶしゃぶ等々、美味しくいただきました。この後、麦ご飯ととろろ、おそばとお吸い物も出てきました。

 イワナの骨酒です。
 前に上高地で飲んで惚れ込み、「のほほん日」のTomcats23さんに骨酒の作りかたを教えて頂いてから、家で何度も飲んでいます。
 メニューには骨酒がなかったので、お部屋に着いた時に聞いてみました。そうしたら「ある」というので、三合だけ頼んだのが上記です。

 骨酒を持ってきてくれた仲居さんがびっくりしていました。「若いのに、骨酒飲まれるんですか~」って。なんで~?美味しいじゃん。こんなに美味しい物をおじさんに独占させたらもったいないわ!

 ということで、注ぎ口にイワナが頭を突っ込んじゃうほどお酒を戴きました。美味しかった~!

 これは朝食です。2段のお重でした。朝から沢山ご飯を食べてしまいました。

 温泉もお料理も、本当に満足な梅川荘でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.06

那須塩原温泉 立ち寄り温泉

 塩原温泉に行ってきました。

 前日に降った雪の影響を考えてスキーは断念し、朝の9時に出発しました。高速道路は全く利用しないで4時間の道のりでした。

 旅館のチェックインまでまだ時間があったので、立ち寄り湯に入ろうと言うことになりました。
 とりあえず「塩原温泉ビジターセンター」に行き、どこに行くか決めました。町営の「岩の湯」、「不動の湯」が良いかな、と思っていってみましたが断念。行く道は工事中だし、混浴で、おじさんが河に向かって仁王立ちしていたのであきらめました(^^;。

 ビジターセンターから「岩の湯」の間にあった露天風呂・喫茶 鹿角(かづの)が500円で入浴可だったので、ここに入ってみました。

 お湯の他には何もありませんが、とっても佳いお湯でした。弱酸性で、気持ちよかったです。お風呂の中で一緒になったおばさまの情報によると、隠れ名湯と評判らしいです。(お昼ご飯を食べに行ったお店で紹介されたんですって。)

 ついでにここで昼食も頂いて、梅川荘に向かいました。

 6年くらい前に一度行って、とてもお気に入りのお宿です。

 ちょっと早めに着いてしまいましたが、すぐにお部屋に通してもらえて、ゆっくりと出来ました。

 お部屋からは上記のような風景が見えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.05

塩原温泉

塩原温泉に来ています。つくばから4時間かかりましたが、路面の凍結もなく、よかったです。でも、スキーはあきらめました。
良いお湯でした。この後岩魚の骨酒を含む岩魚三昧がまっています。楽しみ〜。050305_171855.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.04

雪ですね

 昨日、ちょっとした飲み会があったので、職場に車を置いて帰りました。

 で、今朝、起きたら雪。関東地方みんな雪ですよね~。

 ここからはつくばネタになります。分からない方、済みません。分かる方、東大通りをイメージしてください。

 吾妻のバス停で荒川沖行きのバスを待っていたのですが、時間になっても来ません。次のバスまで35分あったので、歩いてみました。

 竹園を通り越し、南大通りを通り越したら雪の感触が変わりました。キュッキュ音がするんです。これがスキーだったら楽しいのに。
 千現を通り越し、なんだかんだで宇宙航空研究開発機構(JAXA)(旧宇宙開発事業団)まで歩きました。20分の道のりでした。バス停で時刻表を見ると、あと数分でバスが来る模様!でも、なかなか来ません。結局15分待たされてやっと来ました。雪の中立って待っている15分が長く感じました(^^;。

 2バス停分乗って(たったの3分!)、今度は研究所内をタカタカ歩きました。

 職場に着いたら「雪国の田舎の子みたい」と言われてしまいました(^^;。

 まだ外はガンガン降っています。もっと積もるのかな?明日は夫と(今年)最後の旅行なんだけど・・・。上手くいったらスキーもしようと思っていたんだけど・・・、道路凍結で早朝出発は無理かな???

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.02

スペース・フォーラム オープン

 @niftyがNIFTY-SERVEで初めてパソコン通信として産まれたときから存在した「スペース・フォーラム」が、3月1日にWEBフォーラムに移行しました。@nifty フォーラム スペースフォーラム~天文と宇宙(FSPACE)として生まれ変わりました。

 このフォーラムでこの世界を知ったようなものなので、物凄く思い入れがあります。RT(リアルタイム会議室・チャット)では、自分が書いている文章がスクロールに乗ってとぎれとぎれになってしまうので、それを防ぐために早打ちが出来るようになりました。ある時「一行送信」という機能を教えてもらった時は「なんだ~」と思いましたけど。

 オフもFSPACEで出たのが初めてです。そのときにお会いした方とはオンラインを超えておつきあいさせて頂いてます。

 ということで、恩のあるフォーラムなので、何かお手伝いが出来たら、と思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

へぇぇ、偶然

 最近忙しくて更新しなくて申し訳ありません。

 さてさて、先日出版社のHPをプチプチやっていたら、あら偶然!高校時代の友人を見つけました。すっごーい、校正やってるんだ~!

 名前が珍しいのと、大人っぽくなって綺麗になったけど、高校時代と同じ顔だったのですぐに分かりました。懐かしい。

 探そうと思ってもなかなか見つからないのに、こんなこともあるんですね。

 しかし、実名を公表していないと、なかなか難しいですよね、こういう偶然って。私の場合、下の名前は分かっても、姓では検索できないし。漢字もいろいろあるしなぁ。旧姓で検索すると私本人が出てきますが、みんなあれが私だとは思わないだろうな・・・、という感じです。ま、探されることもないでしょうけど(^^;。

 ちょっと嬉しい事柄だったので書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »