« ラジオをPC経由で聞きながらMP3で録音する | トップページ | 小学6年間の「健康記録カード」 »

2005.03.28

@nifty:NEWS@nifty:虫のフンだった!…古墳石室の土粒、学者ら「まさか」(読売新聞)

@nifty:NEWS@nifty:虫のフンだった!…古墳石室の土粒、学者ら「まさか」(読売新聞)

虫のフンだった!…古墳石室の土粒、学者ら「まさか」(読売新聞)

---一部抜粋---

 古墳の横穴式石室を中心に各地の遺跡で出土し、五穀豊穣(ほうじょう)や子孫繁栄を願う儀式に、米の代用品として使われたと推測されてきた謎の土粒が、実はカブトムシかコガネムシの幼虫のフンだったことが28日、奈良県桜井市教委の調査でわかった。

 “遺物”として、詳細な分析を続けてきた考古学者らを驚かせたり、苦笑させたりしている。

 桜井市教委が6年前、同市倉橋のカタハラ1号墳(6世紀中ごろ)を発掘したところ、米に似た硬い土粒が横穴式石室の床面から大量に出土。1か月がかりで1949粒を数え、3~8ミリの3種類の大きさに分類できることもわかった。

 ところが、他の研究者から「虫のフンに似ている」との指摘があり、同県橿原市昆虫館に鑑定を依頼。形や3種類の大きさなどが、2回脱皮して成長するコガネムシ科の幼虫のフンと一致することが判明した。石室は盗掘を受けるなどして開口しており、中に入り込んで、腐葉土などをえさにし、未消化の土が排せつされたらしい。


---引用終わり---

 いやはや、一月掛かってフンの数を数えた方々、お疲れ様です。

 こういう記事を見ると、他分野との連携が本当に必要だなぁって思います。

 漫画のネタですが、『動物のお医者さん』で、清原が平九郎の血液を自分の血液と偽り、技師さんを驚かせる、というのがありました。報告を受けた漆原教授達が見たら「なんだ、犬の血じゃん」でことは終わるのですが、そんなのヒト専門の技師が見たって分かるわけありませんよね。

 これと同じで、同じものを見ても分野が違えば見方が変わります。一つの分野で謎な者でも、他の分野ではおなじみのものもあるかもしれまん。

 良い例は、藤原京のトイレの遺構から出てきた寄生虫の化石から、当時の人々の食文化が分かったというもの。これって、医動物の専門の方々のご尽力があったことでしょう。

 考古学も、いろいろな分野の方と連携して、今まで分からなかったことがどんどん分かると良いな~。

|

« ラジオをPC経由で聞きながらMP3で録音する | トップページ | 小学6年間の「健康記録カード」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: @nifty:NEWS@nifty:虫のフンだった!…古墳石室の土粒、学者ら「まさか」(読売新聞):

« ラジオをPC経由で聞きながらMP3で録音する | トップページ | 小学6年間の「健康記録カード」 »