« 焼酎 | トップページ | 私は花粉症ではありません »

2005.03.19

脱力

 おととい17日に友人が亡くなったという知らせを受けました。随分年上の友人ではありますが、46歳、やはり「早すぎる」という印象を受ける死でした。

 副鼻腔癌が原発でした。重粒子線の治療で、一時は根治したと思われましたが、昨年9月にリンパ節転移して、原発巣も再発したようです。その後、骨にも転移して、最期を迎えられました。
 
 私でさえ「残念」「無念」「脱力感」を覚えます。況やご家族・親戚、そして古くからの友人の方々は・・・。

 重粒子線の治療を受けられると聞いた時、正直「ラッキー、だったら絶対に治る!」と思いました。重粒子線の治療を受けるに当たって、かなり細かい検査をします。そのときの条件に、転移がないこと、重粒子線が効くタイプの癌であること等、重粒子線で叩ける癌かどうかの審査を受けます。重粒子での治療を受ける資格を持つ=根治、そんな図式が私の頭の中にありましたから。

 重粒子治療センターと同じ敷地で働いていた時に入院されていたので、実験の合間によくお見舞いに行かせて頂いたものです。あのときは、この日が来るなんて全く思っていませんでした。

 昨年4月に、同じ仲間内の友人を癌で亡くしました。それから1年経たないうちにまた友人を見送ることになるなんて、やるせません。

 最後に友人と会ってきました。見慣れたスキーウエアのインナーが掛けてありました。一緒にもっとスキーしたかったな。

 彼岸で思いっきりスキーしながら休んでもらいたいと思います。もう腰痛に苦しむことも、食欲不振に悩まされることもありませんものね。

 合掌。

 

|

« 焼酎 | トップページ | 私は花粉症ではありません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/3358954

この記事へのトラックバック一覧です: 脱力:

« 焼酎 | トップページ | 私は花粉症ではありません »