« 『女王の教室』再放送だ! | トップページ | 日本の良いもの »

2005.07.15

@nifty:NEWS@nifty:3つの“太陽”持つ惑星…地球から149光年かなたに(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:3つの“太陽”持つ惑星…地球から149光年かなたに(読売新聞).

3つの“太陽”持つ惑星…地球から149光年かなたに(読売新聞)  3個の“太陽”を持つ珍しい惑星を、米カリフォルニア工科大学の研究者が発見した。  木星に似たガス状の巨大な星で、3個の“太陽”の周囲を3・35日周期で公転している。惑星がある場所は高温で、これまでの理論では、星は生まれないという。今回の発見は、惑星形成の常識を覆す可能性がある。英科学誌ネイチャーに発表した。  見つけたのは、同大のマチェイ・コナッキ研究員。米ハワイ島のケック望遠鏡で「HD188753」と呼ばれる恒星系を観測したところ、地球から149光年離れた所にある惑星が、3個の恒星の周囲をまわって

 どういう状態なんでしょう?想像つきません・・・。すっごく早く公転していますよね?

 宇宙、いろいろと発見があって面白いですね。

|

« 『女王の教室』再放送だ! | トップページ | 日本の良いもの »

コメント

おまけ。これなら力学的に安定だ,と納得。公転周期3.5日なのも,ある意味納得しやすい。

投稿: みゅーみゅー夫 | 2005.07.19 12:55

http://planetquest.jpl.nasa.gov/news/tripleSunsets.html

ここに,三つの恒星と一つの惑星の軌道を描いたアニメと,その惑星の衛星から見た三つの太陽の日没のイメージアニメが出ています。よくこんなもん作るなぁ,NASA。

投稿: みゅーみゅー夫 | 2005.07.19 12:54

>なつきさん
 本ト、どんな感じなんでしょうね~?
 149光年の説明は、夫の説明で想像つきました~?

>夫
 衛星12個くっつけてるのとは違うもんねぇ。
 タトゥインって2つ太陽あったっけ?良く覚えていること(^^;。

投稿: みゅーみゅー | 2005.07.16 20:05

149光年は,宇宙レベルではご近所ですね。太陽と地球の間が光で8分20秒。この調子で149年いくと,その距離です。

スターウォーズの砂漠の星タトゥインが二つの太陽を持っていましたが,三つが発見されたんですねぇ。力学的に安定になるんだろうか?不思議。

投稿: みゅーみゅー夫 | 2005.07.16 06:38

興味ありますね~。
『3つの太陽を持つ惑星』だなんて。
149光年ってどれくらいの距離なのかさえ、アタシは想像付かないんですけどねw

投稿: なつき | 2005.07.15 21:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/4981462

この記事へのトラックバック一覧です: @nifty:NEWS@nifty:3つの“太陽”持つ惑星…地球から149光年かなたに(読売新聞):

« 『女王の教室』再放送だ! | トップページ | 日本の良いもの »