« 今日からマ王!占い | トップページ | @nifty:NEWS@nifty:3つの“太陽”持つ惑星…地球から149光年かなたに(読売新聞) »

2005.07.14

『女王の教室』再放送だ!

 一部で物議を醸している「女王の教室」ですが、第一話、第二話を見逃した方のために(って、1も2も見てないってことは、何も見てないってことじゃん)再放送が決定した模様です。それも、第3話が放送される6時間前!

 私は第一話を録画してないので、見ないまでも録画するつもりです。

 放送日 7/16(土)15:00~16:55
(ただし、よみうりテレビは 7/15(金)15:49~17:45)

 第二話、第一話よりもインパクト無かったかな?第一話の時もそうですが、第二話のラスト、いけてない。真矢にはあくまで「教師VS生徒」の図式を崩してもらいたくなかったですね。斥候を作るようなまねはして欲しくなかったな~。

 私が小学生の頃は、真矢みたいな先生がいてもおかしくなかったのですが、今は問題になっちゃうんでしょうね。あと、親と一対一で話した場面がありましたが、いくらドラマとはいえ、親、単純すぎ(^^;。もう少し骨が無くっちゃ。現実に私の母親が真矢と対決したら、もう少し違う反応をしたと思います。その前に、きっと私の母親は、真矢に文句を言いには行かなかったと思いますが・・・。

 ということで、見逃した方、録画ですよ!

|

« 今日からマ王!占い | トップページ | @nifty:NEWS@nifty:3つの“太陽”持つ惑星…地球から149光年かなたに(読売新聞) »

コメント

>いっささん
 古代史のことは、いっささんのところで書かせて頂きました。
 見逃していたんですか?これは見ないと!!!

投稿: みゅーみゅー | 2005.07.15 17:14

>ぶんぶんさん
 結構填っているかもしれません。まだ2回目ですけどね~。私はかなり真矢よりだと思います。あそこまで極端にやるかどうかは別としても。今後の展開に期待しましょう(^^)。

投稿: みゅーみゅー | 2005.07.15 17:11

みゅーみゅーさんもこのドラマにはまっていたのですね。

私も面白くてはまっています。
昔はあそこまで極端じゃなくても、こういう雰囲気の先生いらっしゃいましたね~。
その先生が通るだけでピリリとした緊張がはりめぐされるような・・・

今、学校は先生と友達感覚。

親の立場として、一人くらい学年主任の先生がこういう先生でびちっと決めてくれるといいかな~なんて思います。

投稿: ぶんぶん | 2005.07.14 20:50

1回目の再放送!
おぉ!見逃していたんです。ラッキー!
今はちょっと厳しくすると親から文句が出る時代ですもんね・・・。
私も子供の頃は生意気な子供でした。
押さえつけられるのって大嫌いで、口ばっかり達者で・・・。
今思えば、それは自分にとってすごくマイナスだったと思うのです。だから今頃大学行ってるわけでもあって(^^;)
その反動でもありますが、子供は少々厳しく、特に体力的なことは限界を感じさせるほどのメニューを組んで取り組ませるといいと思っています。それも大勢でやることで、仲間の大切さや思いやりを知ることができるように・・・。

ところでみゅーみゅーさんは、古史古伝の類はご興味ありますか??(拙日記にも書きましたがこちらでお返事くださってもよいです^^)

投稿: いっさ | 2005.07.14 17:43

>なつきさん
 お越し下さいましてありがとう(^^)。
 そう!見ないとね~!!!

投稿: みゅーみゅー | 2005.07.14 15:31

(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-!それはスバラシイ。

見逃してしまったんで、これは見なくては!w

投稿: なつき | 2005.07.14 14:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/4964872

この記事へのトラックバック一覧です: 『女王の教室』再放送だ!:

» 女王の教室 やってくれたね [ハジケル心いつまでも ]
あー これが鬼教師…悪魔の様な教師 真矢先生、人間的にちょっと怖すぎ。ベーダー卿もビックリですよ! なにもここまでしなくても・・・ 僕の言ってる意味がわからない人は女王の教室公式ページへ ともかく何も言わず放送を見てくれるのが1番かと… 主役(鬼教師)を演じ..... [続きを読む]

受信: 2005.07.16 22:43

« 今日からマ王!占い | トップページ | @nifty:NEWS@nifty:3つの“太陽”持つ惑星…地球から149光年かなたに(読売新聞) »