« 飲んだ | トップページ | 明日開通「つくばエクスプレス」 »

2005.08.21

防災グッズ・災害対策

 私は「地震が来るぞ~」と言われている神奈川県で育ちました。湘南地区じゃないですけど。
 で、小学生の時、かなりの頻度で行っていたのが、避難訓練です。ただ教室から校庭に出て行くだけではなく、災害時の集団下校の練習とか(実際に親が迎えに来ました)も行いました。皆さんの地域はどうでしたか?

 私は祖母と住んでいました。祖母は関東大震災を体験しています。(が、そのときの様子を聴くと『2歳だったからね。お父さんに背負われて逃げたんだけど、もの凄い速さで走るのが楽しくて、わっしょいわっしょい言って喜んでいたみたいよ』とのこと・・・。)東京・中延に住んでいた祖母は、家はつぶれたけど火事にはあわなかったのだったかな?ともかく、家には一時いられなくなったようです。また、阪神大震災の時も、皆さん家がつぶれて大変でしたよね?先日の中越地震でも、皆さん家にいられなくなって、体育館などに避難していましたよね?

 そうなんです、私がずっとイメージしていた「地震の際の生活」とは、家がつぶれてどこかに逃げる、と言うものなのです。親とはどうやって連絡をつければいいのだろうか?というのが気になっていて、親や祖母には「とりあえす多摩川ね!」というのが合い言葉でした。今思うとおおざっぱすぎ(^^;。小さい頃は地割れに足を取られて死んでしまったらどうしよう!というのが恐怖でした。(でね、その地割れは、なぜか人を飲み込んだら閉じるんです~(^^;。)

 テレビで地震の時の備えを観ていると、結構「家は使えるけどライフラインが止まる」を想定していませんか?それで済めばいいけど、そうなのかな?いや、決して大きな災害を期待しているわけではないんですよ!でもね、小さい時から「東海大地震が来たら家はつぶれて、多摩川に逃げるんだ」と思っていた私にとっては、もの凄くそれは違和感感じるんです。家にいられないんだから、とりあえず外に逃げなきゃ!そのとき重たいものは絶対に持って逃げられない、じゃあ、何を持って行けばいいの?って・・・。リュックは準備してありますが、準備したって、とっさに持って行けるのかしら?って・・・。

 随分昔に小惑星が地球とニアミスか?、という事がありました。最初の粗い計算では地球にぶつかる!でしたが、精測しての計算で地球にぶつかることはない、という計算になり、結果的には計算通りの結果になりました。

 この粗い計算結果が何故だか当時泊まり込みでバイトをしていた某所にもたらされました。3日後に地球にぶつかるじゃん!という第一報を聞いた時に真剣に考えたのが、標高1000m以上に逃げなきゃ、(とりあえず、八ヶ岳の泉郷に逃げよう。)一年分の食料はどうしよう。(大気にチリが舞い上がり、それによって太陽光が遮られる。復旧に半年ぐらい?太陽の光が届いてから、作物が復活まで半年の見積もり。親にお米とか缶詰買って、車で来て貰おう。)水は三分一湧水でまかなおう。スキー作らなきゃ(当時はまだスキーを始めてなかったので)、自家発電は用意できないから、暖炉でどうにかしないと・・・、等々。その後「ディープインパクト」という映画が上映されましたけど、あんなに復旧早くないよね~、とか、思ってしまいました。

 だから、もう、災害時は自給自足?みたいなイメージ持ってました。けど、それはあまりにもぶっ飛んだ考えというのが最近わかりました。

 で、災害対策って、とりあえずは家は使える、というのを前提として良いのかしら?だから、家具が倒れないようにするとか、テレビが飛んでこないように止めるとか・・・。
 その後に、ライフラインが止まったことを想定して、水を置いておくとか、ガスコンロを用意しておくとか、ラジオ、懐中電灯、簡易トイレ、防寒具を用意、これでいいのかな?最近アルミのシートを買いました。暖かいらしいです。それと、自家発電が出来る懐中電灯も買いました。つながらないと思うのですが、携帯電話も充電できるやつです。他に何が必要?預金通帳の表紙のコピーとか?保険証のコピーとか?キャンプが趣味の人って、こう言う時強そうだな・・・。

 あー、いくら日本が地震列島とはいえ、最近多いと思うんですよね、結構な揺れの地震。

 今は一人だし、ちゃんと用意しておかなきゃ~。大きいのがどんと来るなら、小さいのがちょぼちょぼ来ればいいけど、M7クラスを帳消しにするのにM6が32回はイヤだなぁ・・・。(あれ?M5クラスだと1024回?計算違ってるかな?)
 家にいるのと研究所にいるのと、どっちが安全?

 ネズミ小屋(実験室)にいる時に地震にあって、ケージが床に落ちちゃって、ネズミたちがみんな混ざっちゃったらどうしよう!ネズミ返しがあるから外に逃げられないと思うけど・・・・・・。みんな真っ黒なんだけど、持っている遺伝子が違うのよね・・・。あぁぁぁぁ、それが一番恐怖?

|

« 飲んだ | トップページ | 明日開通「つくばエクスプレス」 »

コメント

>つんつんさん
 コメント、どうもありがとうございます。
 15年も待たれたのですか!それは盛り上がりますね~。
 地震、来るのが判っているのならば、備えておきたいですよね。私ももう少し、家具の固定や転倒防止を考えてみたいと思います。

投稿: みゅーみゅー | 2005.08.23 21:10

はじめまして。
エクスプレスいよいよ開通ですね。
地元民の私にとっては15年くらい待ったのでかなりかなり楽しみです。
18年前まではつくばにも関東鉄道筑波線が土浦から走っていて、
確か廃線後に、常磐新線(今のTX)ができるよ~と聞いたのが始まりなんです。
茨城は地震は多いけど、今年は異常なくらい頻繁ですよね。
ここ最近は防災のこといろいろ勉強してます。
TBさせていただきました。

投稿: つんつん | 2005.08.23 14:55

>N.KEITAさん
 車ね~。今なら可能だな~。
 あと、どこで被災するかによりますね。車に行ける場所で被災するかどうか・・・。
 今、つくばで被災したら、どこに逃げたら良いんだろう?職場に行っちゃうかもしれないな(^^;。とりあえず広いし。

投稿: みゅーみゅー | 2005.08.23 08:20

立体や地下だと駄目かもしれませんが、うちのように青空駐車している場合は車が逃げ込める空間になると考えています。

とりあえず、ガソリンが半分も入っていれば暫くは最低限の暖をとり、電力を確保して情報(ラジオ)を聞く事はできるので。

ただ、熱に関しては効率が悪いんで、トランクにコールマンのガソリンストーブでも放り込んでおいたほうがよさそうですね。
あとは、とりあえずトランクに水4L入れてあります。

投稿: N.KEITA | 2005.08.23 02:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/5575041

この記事へのトラックバック一覧です: 防災グッズ・災害対策:

» 耐震用接着マット [ボーイングぼーいんぐ]
今年になってから、、地震が多い {/hiyo_oro/} 宮城県沖の震度6、つくば市の震度5、足立区の震度5強と地震多発。 あまりにも恐いので、ホームセンターで防災用品を購入したのです。 その中の2つ、 地震番・耐震用接着マットと昨日本屋さんで買った防災ハンドブック。 家具やテレビなどの四隅に貼り付けて転倒防止するというもの。 他にも突っ張り棒、非常持ち出し袋など用意してみたけど、 まだまだ足りないのが現実。 震度6〜7... [続きを読む]

受信: 2005.08.23 14:46

« 飲んだ | トップページ | 明日開通「つくばエクスプレス」 »