« NY七日目 | トップページ | おちこみ~ »

2005.10.26

非科学的(???)な話

 母が今、検査入院をしています。で、先ほど電話がかかってきました。

 2年前、大腸癌で入院していた母。当時母には「大ボス」「中ボス」「小ボス」の3人の医師が付いていました。大ボスは執刀医。中ボスは所謂「チューベン」、担当医になれるほどの経験はないけど、医師になってそれなりの年数が経った若造です。小ボスは研修医です。

 当時、日に2回も謝罪会見を行った病院に入院していました。で、手術は大成功だったのですが、腹腔内に溜まった水や膿を排出するドレンをいじった中ボスの御陰で母は生死をさまよいました。

 私が「覚悟しなければ」と思ったのは、母の心電図をみた時です。何で電解質異常起こしているわけ?どうしてCRPが恐ろしい数値を示しているわけ?その白血球数はなに?どうして血中酸素濃度が80%なのよ!検査結果すべて見せて頂戴!!!

 で、その中ボス、自分も訳がわかってないくせに、専門用語で患者家族を煙に巻くような説明をして、その場しのぎをしようとしていました。その態度にむかついた私は、はっきり言って虐めました。怒った臨床検査技師をなめるなよ・・・。CTの画像では、腹腔の手術をした母なのに、胸腔内に陰が。ドレンが胸腔に達して、水が1Lも溜まっていたための陰でした。「この陰なんですか?それにここ、どうしてこんな事になるんですか?ちょっと!」と言ったら、逃げていった中ボス。あほー!

 いやいや、そんな昔の話はどうでも良くて、今、母は検査入院しています。再発していないか、とか、最近嚥下に不安があるというのです。だから、この際全部みて貰って!と言うことになりました。(結果はオールグリーンでした(^^)。)

 そのときに、前にお世話になった看護師さんに挨拶に行ったそうです。そうしたら「奇跡の●田さんが来たわよ」と言われたそうです(^^;。看護師さんの中でもあきらめられてたのに、良く復活した!さすが私の母親!

 で、母がこんな話をし出しました。


 熱が出て、病室をナースセンターの真ん前に移動されて、生死をさまよっていた時、夢を見たの。真っ暗な階段をどんどん上がっていくの。でね、ドアがあったから開けようとしたんだけど、どうしても開かなかったのよ。それで、仕方が無く階段を下りてきたんだけど・・・。そうしたら目が覚めて、足がビクンビクンってなって、そこから地獄の苦しみが始まったのよね~。助かったはいいけど、苦しかったわ・・・。

 こ・・・これって・・・臨死体験?
 母に「お母さん、出てきた?」(私は祖母のことを「お母さん」と呼び、母のことを「ママ」と呼びます)と聞くと、「お母さんは出てこなかったわねぇ。まだ迎えに来なかったのね~」なんて言います。

 きっと祖母がドアを閉めていたに違いない・・・。

 検査入院ですが、小ボスがお見舞いに来てくれたそうです。とても喜んでいました。諸悪の根源の中ボスは絶対に母には近づかないだろうな(^^;、母が入院している時から、極力来なかったみたいですから・・・。中ボスめ!

 これで良いのか医師よ!と、ムカツク気持ちはありますが、それはそれとして、とりあえず、後3年、平穏であって欲しいです。5年無事に過ごせたなら、原発は一安心できます。

 もし、階段を上がっていって、ドアが開いたなら、どうなっていたのかな?開いてたら、もう母とは話が出来なかったのかな?開いたら開いたで、母の記憶には残らない夢になっていたのかしら?

 不思議~。

|

« NY七日目 | トップページ | おちこみ~ »

コメント

>メイリさん
 暖かいメッセージ、ありがとうございます。
 母はお陰様で元気です(^^)。元気すぎて太ってきたので、痩せてもらわないと!

>ohmさん
 そのときが来たら、みんなで立ち向かいましょう!来ないことを祈りますけどね。

>MADさん
 はい。私も実習中に、患者さんに痛い思いをさせてしまったことがあります。気をつけていてもミスしてしまうことはしょうがないこととして受け入れられるのですが・・・。ミスを隠すために煙に巻こう、早く退院させよう、患者やその家族と顔を合わせないようにしようなんて態度は許せません!

>まりもさん
 そうでしたか、悲しいことがあったのですね。
 私がそもそも医学系を目指したのは、祖母が受けた誤診がきっかけでした。
 筋トレはスクワットです。四股はまだ難しくて・・・。

投稿: みゅーみゅー | 2005.11.02 18:30

足の具合はいかがですか?

この話、考えさせられます。私はおととしにたわいもない病気が元で(胆石でした)母を亡くしたので、こういう話題にはかなり敏感になります。『大丈夫ですよ!』といった楽観的な事を言うお医者さんは信頼することがあまり出来なくなってしまい、仮にそう言われたとしても現在の診断結果から最悪の場合どういう状態が考えられるかを必ず聞き、その場合を想定して事前に対処するようになってしまいました。まあ、もちろん医師の方から話してはくれるのですが、より突っ込んで聞くというか。そんな感じです。
医療の質(特に人間の質)に関してはやはり色々思うところがあるのですが、ここでは長くなりそうなのと、鬱陶しくなりそうなので控えておきますね。

ところで、筋トレはやはり四股をふまれていたのでしょうか?(^_^;) (今はちょっと無理でしょうが)

投稿: まりも | 2005.10.30 11:49

人間である以上、ミスは有る程度は仕方がないとは思いますけど、それをごまかそうとするのは駄目ですね。

投稿: MAD | 2005.10.27 16:02

みゅーみゅーさん、私の家族に何かあったときにはぜひお願いします。その中ボスみたいなのはあちこちにいるはずですから。

投稿: ohm | 2005.10.27 06:50

おはようございます!
あ~、読んでいてはらはらしました。

それにしても中ボス、むかつく~(`´)

お母様、良かったですね!!
ほっとしました~!!

投稿: メイリ | 2005.10.27 06:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/6646770

この記事へのトラックバック一覧です: 非科学的(???)な話:

« NY七日目 | トップページ | おちこみ~ »