« 周期表Tシャツ | トップページ | Cheese_fondu »

2005.12.06

血統をたどる

 今日のこの記事は完全に愚痴というかぼやきです。

 えーっと、私は遺伝子を扱う職場で働いており、日々マウスや細胞とご対面しています。

 ある特定の遺伝子を組み込んだマウスのことをトランスジェニックマウスと言います。その特定の遺伝子は、別に宿主となる動物と同じ種から来ている必要はありません。例えば、ヒトの遺伝子をマウスに組み入れたり、ラットの遺伝子をマウスに組み入れたりと言うことが可能です。

 さて、そのように作り出されたマウスは、厳重な管理のもと飼育しなければならず、産まれたらきちんと個別識別が出来る状態で管理されます。戸籍と住民票はしっかり管理しなきゃね、って感じでしょうか。

 で、今回、その遺伝子導入マウスちゃんに良い傾向を示す仔と悪い傾向を示す仔が出てきたので、両方の血統をトレースしています。これがねぇ・・・大変な事になっています。

 非現実的ですが、例えば、ヒトの頭部に選択的に毛を生やす遺伝子があるとするじゃないですか。それをマウスに強制発現させたら、あら不思議、マウスの頭の部分の毛が長くなってきて、更に毛の質も違うようです。なんてのがあると仮定すると、髪の毛が生えてきたのが良い傾向を示したマウス、生えてこないのは悪い傾向を示したマウスと言うことになります。で、生えてこない方の遺伝子をチェックしても、ちゃんと遺伝子は導入されている場合、やな感じになると思いませんか?思うでしょ?なんで毛が生えないのよ~!って。

 それが出たので、今回トレースしています。逆に、他よりも物凄く髪の毛がなが~く、量も多く生えてきたものもいて、そっちの血統もトレースしています。

 2重3重にデータがあるので、たとえ電子データが消えたとしても紙のデータが残っているし、紙のデータが一つ無くなっても、他のところから何とか情報を補充できるようにもなっていますが、トレースとなるといろいろな切り口でまとめてある資料(お誕生日でまとめてあるものとか、DNAを抽出してある特定の場所だけ増幅した結果のシートとか、今入っているケージのカードとか)をとっかえひっかえ見ながら、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんをたどって行かなくてはなりません。で、たどり終わったら、兄弟がどのようなフェノタイプ(表現型)を示しているのかも調べて、血統から来ているフェノタイプの違いなのか、そうではないのかを見極める必要があります。

 一回に一匹のお産なら良いのですけどね、・・・8匹とか生むし。で、21日後には同じお母さんがまた生んじゃったりするし・・・。多産は喜ばしいのですけどね、こうなっちゃうとね、大変なの・・・。

 系統図作るのは嫌いではないのですが、ネズミの系統図はちょっと難しくて出来そうにありません。って、あきらめちゃいけないんですけど・・・。どうにかスマートなまとめ方、無いものでしょうかねぇ?

 あー、マウスが私を見てけたけた笑っている感じがする~。

|

« 周期表Tシャツ | トップページ | Cheese_fondu »

コメント

>ゆうさん
 いらっしゃいませ~。
 建築ですか!すごいなぁ・・・。格好いい!
 姉歯氏、一級取るのに大変だったろうに、剥奪されてしまいましたね。身から出たさびとはいえ、いろいろなジレンマに嘖まれたことでしょう。
 これからもどうぞよろしくお願い致します。

投稿: みゅーみゅー | 2005.12.09 17:57

こちらには初めまして.
みゅーみゅーさんは遺伝子の人(何か言い回しが変だけど)だったんですね~
私も建設業に進んでなければ,やりたい仕事だったなぁ.大変そうだけど,おもしろそう.
高校で選択した理系授業が,化学と生物で,物理が入っていないのに,今話題の構造設計やってます.

投稿: ゆう | 2005.12.09 12:43

>紫姫さん
 言葉が耳慣れないので難しいように錯覚されるでしょうが、兄弟みんな青い目なのに、一人だけ緑色の目でどうしたの~?ってのをやっているだけです。

>ピーポーさん
 「ねずみ算」ってこういう事なんだ、というのを日々体験できます。
 で、ネズミは現段階で250匹以上いるんです~。

>OBNさん
 仮面ライダー、知らないんです(^^;。それ、なに?

>リリーマルレーンさん
 目に見えて分かる遺伝子だと楽なんですけどね~。この子達の場合は「行動」に表れるので、個別に測定しないと分かりません。それも結構な期間(^^;。例えば、ハエだと羽が反っている、目が赤い、というのを指標に分けるようにしてあったりします。こういうタグを付けておけば楽だったのに・・・。
 例としてどのような話だと皆さん分かって頂けるかと悩みました。金色の毛が生えてくるネズミだとわかりやすいかなぁ?とか、尻尾があるネズミと無いネズミがうまれる、とか・・・。結局髪の毛が生える生えないを例に取ってみました。

投稿: みゅーみゅー | 2005.12.08 17:19

ネズミ算式に増えていく個体数を管理していくだけでも大変そうなのに、
血統まで管理するのって聞いただけで卒倒しそうです。

DNAがどのように流れていくのか、染色体の組み換えが一目でわかれば正確にトレースできそうですが、
DNAの組み換えまでトレースしてたら何ギガ、何テラバイトのメモリーがあっても追いつきそうもありません。

(その点、神武天皇のY染色体を脈々と守り続けているという屁理屈を述べている宮内庁の能天気さは極楽でしょうな)
・・・そんな染色体はとっくに途絶えているに決まってるのに・・・

アートネイチャーやアデランスが泣いて喜びそうな発毛遺伝子が見つかったら、世の中の男性には福音かな?

投稿: リリーマルレーン | 2005.12.07 23:36

仮面ライダーのショッカーのマッドサイエンティストみたいだ(笑)

投稿: OBN | 2005.12.07 17:47

うごっ!
ネズミの血統トレースですか。
ねずみ算のことを考えると大変ですなぁ。

そういったのをデータベースで管理出来ればいいんでしょうけどね。
細かいデータを入れる箱を1匹ずつにつくっておいて、
 #ちゃんと入力するかどうかは別にして
親子関係と生んだ時期を紐付けしておけば、
結構簡単になったり・・・

それでも毎日データ入力に追われるので、
簡単とは思えないかも知れませんけどね。

投稿: ピーポー | 2005.12.07 17:38

む、む、む、難しいですねー^^;
みゅーみゅーさんスゴイ事してるんですねー

投稿: 紫姫 | 2005.12.07 16:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/7495185

この記事へのトラックバック一覧です: 血統をたどる:

« 周期表Tシャツ | トップページ | Cheese_fondu »