« Torino:女子モーグル | トップページ | 今日はふぐ鍋 »

2006.02.12

どうでも良い話15

 よく「あのときに戻りたい」という話を聞く。
 昔は「中学時代に戻りたい」とか「高校時代に戻りたい」と思った。それは中学・高校時代に「しくじった」と思う
選択をやり直したいと思うときに良くあった。楽しかった時代に戻りたいというのは、あまり無いかな。

 実際にはありえないけど、では、その時代に戻ったとする。失敗した今の記憶を持ったままその時代に戻れればいいけれど、ただその時代に戻ったならば、やっぱり同じ選択をするんだと思う。上書きは出来ないで、ただ巻き戻して再生しなおしているだけなんじゃないかな。

 結局、最善と思えない選択をしているようで、ちゃんとそれなりの選択をして今にいったっているんじゃないかと思うようになってから、過去に戻りたいと思うことはなくなった。そして、逃したものやそのとき出来なかったことは、今からでも手中に収めることが出来るんじゃないか?と思うようになった。 

 とはいえ、間違った選択をしたこともある。そのつけはきっちりはらってきたし、それがあったからこそ世界が広がった場合もある。だから、結果オーライってことで納得している。
 
 人に伝わらなくても良いや。
 どうでも良い話でした。

|

« Torino:女子モーグル | トップページ | 今日はふぐ鍋 »

コメント

>まさむねさん
 あぁ、あの学校ご出身ですか。
 あのニュースはびっくりしましたね。ええ~って感じでした。入院されている方々、後遺症無く復帰されることを祈るばかりです。
 私はず~っと共学なので、想像付かない世界です<男子校・女子校。それなりに楽しい部分もあると思うのですが・・・。
 何も考えずに、ただ毎日楽しくって、っていう時代は、実は記憶がある限りではもう無いんです、私。ある壁を打ち破ったときから強くなりましたが。(小学3年の時かな)
 ま、「前しか見ない」がデフォルトって事で。

>夫
 あなたの場合はそうかもね。
 私だったらどうかな。結構今の知識と考え方を持って高校生になっても、結構平気だと思う。(浮きまくるだろうけど、まぁ、納得も出来るし。)
 ただ、実験に追われていた時期には帰りたくないです。レポート地獄は今でも夢に出ます。あと、国家試験前ね。あぁ、いやだいやだ。

投稿: みゅーみゅー | 2006.02.16 14:18

今の脳みそを持って,高校生の中に入るのは耐え難い苦痛だろう。

M1までだったら,今の脳みそで戻ってもいいかな。そうしたら,師匠ともう少し高いレベルで研究ができた。今となっては---停年で引退してしまったので---一緒にやろうにもできないので。

なお,今の脳みそを持ってすれば博士課程は余裕で過ごせるはずだが,学部の4年間は結構辛いと思う(^^; 最適化のされる方向が違う。

投稿: みゅーみゅー夫 | 2006.02.15 14:50

ううん、きっちり伝わってます!
凄く納得しました。実を言うと、僕が中学生や高校生のころの戻りたい、と思うのは、正直言って、「なにも考えないで、犠牲にするものもなくて、好きなことをやるだけでも親にご飯食べさせて貰えて、お金まで貰えて、幸せだったなぁ」と思うときです。勿論、今はそんな甘えが許されないから、余計そう思う、というだけの他愛もない話なのですが。

僕の行ってた中学・高校は男子校で、それだけが唯一、悔やみまくっていることですねぇ。笑

その学校は、昨年の秋、車が校門に突っ込むという事故で2人が死亡・数名が未だに重症で入院中という、結構大きなニュースになったところです。今の僕には何も出来ない。悲しいです…

投稿: まさむね | 2006.02.15 09:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/8619115

この記事へのトラックバック一覧です: どうでも良い話15:

« Torino:女子モーグル | トップページ | 今日はふぐ鍋 »