« どうでも良い話 19 | トップページ | 速読<その2> »

2006.04.18

速読<その1>

 皆さん、「速読」というと、どんなイメージを持たれるでしょうか?

 私は2種類のイメージがありました。「読むスピードがちょっと速くなり、ちゃんと理解もしている速読」と、ページを丸ごとカメラに写すように網膜に焼き付けて「暗記(?)」する速読の2つです。後者は暗記と言うよりは、画を思い浮かべるように本の内容を思い出すのかなぁ?と思っていました。良くテレビで紹介されているのは、1分間に数万字!というこのタイプですよね。

 私は専門書を読む機会が多いです。今は学生もやっているので、そっち方面の専門書も読まないといけません。それとは別に、頭を休めるときに、大衆小説も良く読みます。本は元々大好きなので、読書に対する嫌悪感はないのですが、専門書って「読書」というカテゴリーからは自分の中でずれていたんです。読書って、楽しいの。でも、専門書はたのしくない~(事が多い)!

 なので、なんでも良いから、専門書とか書類とか、速く、それでいてきちんと理解も付いてくる速読教室は無いものかと探したんです。楽しくない「読書」は、効率よくとっとと終わらせたいから。それで、ここを見つけました。

リーディングフィールズです。

 条件として、
・1回もしくは2回簡潔の講習会。(毎週とか毎日とか隔日なんてのはもってのほか。)
・一回2万円以内の講習料。(トータル10万円とかはもってのほか。)
・DVDを見ての講習ではなく、講師が授業形式で講習を行う。アドバイスが貰えなければ意味がない。

で、これを満たすのがリーディングフィールズでした。

 正直、一回で飛躍的にのびるとは思っていなくて、おそらく家での練習が必要になると言うのは予想済みでした。だから、いかに本を読めばいいのか、どうしたら効率よく本を読んでいくことが出来るのか、と言うのを伝授して貰えれば、速度がそんなにでなくてもいいや、と思っていました。

 そのくらい、最近本を読んでも頭に入っていかなかったんですよ・・・。

 で、夫がアメリカから帰ってくるのを待って、早速行ってきました。

・・・お昼ご飯食べなきゃ・・・、次回に続く。

|

« どうでも良い話 19 | トップページ | 速読<その2> »

コメント

専門書って一行読むのにも時間かかったりすることもあります。時間がかかるのは内容が難しかったり、文章がへただったりするからで、それが速読テクニックでなんとかなるという気はしないのですが。
効果が出たら教えてください。

投稿: 耕士 | 2006.04.18 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/9650183

この記事へのトラックバック一覧です: 速読<その1>:

« どうでも良い話 19 | トップページ | 速読<その2> »