« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006.11.29

食べられるんだ!

食べられるんだ!

 うちでは上記のサボテンを「ヒドラ」と呼んでいます。花びらのように見える葉っぱを一葉そこらにおいておくだけで、繁殖をはじめます。それはそれは逞しいサボテンです。

 私が生まれる前からある鉢から株分けすること20以上。(株分けするつもりじゃなかったのに、台風の後気が付いたら他の鉢で大きくなってた、とか、そんなのばっかり。)これ以上増やさないようにしなきゃ!と思っていました。

 先日雑誌を読んでいたら、うちの「ヒドラ」が新しい野菜として紹介されていました!グラパラリーフと言うらしいです。まぁ、アロエの親戚だと思えば不思議ではないですね。

 しかし、30年以上あるのに「食べる」という発想には一度も行き着きませんでした。夫は今でも「大丈夫なの?本当に食べるの?」と心配しています。

 今度食べてみよ~っと。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.11.26

OB会

 25日の土曜日に、高校時代所属していた部活のOB会に出席してきました。って、幹事は私だけど。

 科学部天文班というのに所属していましたが、昼間太陽の黒点観測と天気図を書いたらやること無いので、トランプばかりしていました。あぁ、夏まではポータブル赤道儀を造っていましたけど・・・。金曜日の夜から行う観測会と、夏の合宿以外はプラネタリウムに行くくらいの部活でした。

 今回の言い出しっぺはmixiで集まったメンバーなので、今回は8名でした。(そのうち一人はOBじゃないし)上は10期から下は21期まで、ほぼ一回りの歳の差がありますが、昔から知っている先輩ばかりなので、全く違和感がありませんでした。(先輩、とは呼ぶけどため口だし(^^;。体育会では考えられないのかな?)

 私と同期のWちゃんとはこの前飲んだばかりだし、OBじゃないけど乱入してきたA猫さんとは9月に会ったばかり。そのほかはF先輩と1年半ぶりくらいで、他の先輩達とは6~7年ぶりに会ったのですが、あまりみなさん変わっていませんでしたね。あ、太った痩せたはいたけどね。

 OB会の前には、やはり部活の同期のDちゃんと会いました。Wちゃんと3人で(^^)。WちゃんとDちゃんは看護師さんなので、話が合うようです。

 みんなとの会話で出てくるのは、子供どうするの~とか、結婚どうするの~とか、そんな話。お年頃だからしょうがないんでしょうけど、重たい話題です。私にはまだ子供を作る覚悟がないけど、年齢考えると、ねぇ・・・。

 OB会は2次会までほとんどみんなで飲み、3次会はF先輩とサシで飲みました。飲み過ぎた(^^;。女性も男性も、ある程度年齢が来ると、折り入って話す内容は結構重たいですね。私もこの先の人生設計しなきゃなぁ。

 非常に楽しいOB会でした。あれだったらまた幹事やっても良いな(^^)。

 先輩方、お疲れさまでした。Wちゃん、お疲れさまでした。Nちゃん、次はおいでね。Dちゃんもね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.15

忙しい

 ミャンマーの更新をしたいのですが、今週いっぱい仕事がいっぱいいっぱい入っていて、家に帰ってそれをやる気力がありません。

 ごめんなさい。もう少し気長にお待ちいただけると嬉しいです。

って、待っている人がいればですが・・・。

 いやぁ、分散して仕事がやってくればいいのに、なんでこんなに集中して来るんでしょうね。

 RNase触った後でRNAの実験しなきゃならないなんて!気を遣いすぎて疲れます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.11.08

Myanmer2

 こぉんなにきれいな空港を後にし、ミャンマー・首都ヤンゴンへ旅立ちました。

 ヤンゴン国際空港です。見た目はきれいなんですけど、まだ工事中でした。

 入国審査は・・・、あまあまというか、なんというか、簡単でした(^^;。

 現地のガイドさんと一瞬会い、ミャンマーの通貨、チャットを受け取りました。コンビニ袋に入っている札束、あれが全部一万円札だったら凄いのに、って位の束です。(どうして写真に撮っておかなかったんだろう。)

 国際線から国内線への乗り継ぎですが、歩いていきました。
 荷物をがらがら引いていると、子供が寄ってきて荷物を持ってくれようとします。ガイドブックに、きちんと断っておかないと後でチップを要求される、とあったので、足早に立ち去ると共に、どう追い払ったらよいのやら、という感じでした。そうしたら、いきなり雨が降ってきたりしたので走ったら、気が付いたら子供はいなくなっていました。

 いやぁ、さすが雨期のミャンマー、いきなり大雨です。

 国内線のチケットはなんと手書き。

 スタンプ押されても、ほとんど消えてるし(^^;、大丈夫なんだろうか???

 我々はとりあえずバガンという街を目指しています。バガンはミャンマーの中でも考古学的に価値のある街で、古い遺跡がたくさんあるのです。ヤンゴンからインレー湖のある街、マンダレイを経由してバガンに行きます。

 国内線の飛行機に乗るために乗ったバスは神奈中でした。
 以後、岡山交通のバスとか、名古屋のバスとか、日本のバスが沢山活躍しているのを目にすることになります。
 

 途中の空港で給油しているところです。給油中はシートベルトをはずせ、というのが何ともおそろしや~。

 国内線がこれまた長い・・・。席も自由席だったようですが、それを知らなかった我々は、結構強引に真一列に並びました(^^;。隣は「てま」さん。長い道のり、スッチーのアナウンスを聞きながらビルマ語の練習に励みました。

 私がひたすら覚えたのは「アサ マチャイ プー」=辛いものが苦手です。あと「マヤプー」=嫌です。ありがとうってなんだっけ?あんなに練習したのに!!!!!

 バガンにやっと着いて、さて送迎の人を捜そう、としても、それらしき人がいない!どうも忘れられていたようです。その間、タクシーの運ちゃん「チョチョ」さんがイロイロ話しかけてきて、結局その人の車に乗りました。明日の観光はどうするんだ?とか売り込んできたけれど、「てま」さんが巧くあしらってくれました。

 ミャンマー人、親切なんだか押し売りなんだか良くわかんない(^^;。

 ホテルに着き、荷物を広げて一息ついたところで夕飯を食べに外に出ました。

 道は舗装されていない土の道です。歩道はかろうじて舗装されてる?って感じ。馬車が追いかけてきたりしましたが、ビールを求めてひたすら歩きました。

 途中の商店で水を買いました。1.5Lのペットボトル2本で500チャット、50円くらい。安いです。
 そこで「ありがとう」のビルマ語を使ったら、現地のおばさん大ウケでした。なんでだ~!

 歩くのが半ば嫌になってきた頃、レストランを見つけました。中華風のお料理が並んでいて、辛くないものを選んで頼みました。みんなごめんね、物足りなかったよね、きっと・・・。
 味は良かったです。いろんな種類の野菜炒めって感じかな。伝統的なミャンマー料理は食べませんでした。

#私は辛いものが駄目です。多くの人が辛みを感知しないものも、辛くて食べられません。ほとんどのものはみんなに味見をしてもらってから手を付けました。でも、「すあ」さんの味見は当てにならず、「きと」さんの味見を信用してました。

 お約束のビールです。我々がこの旅で一番気に入った「ミャンマービール」です。あと、マンダレービール。
 大瓶一人2本ずつ飲みました(^^)。それでも凄く安かったんじゃないかな?

 旅行に出て2日目はこんな感じで夜が更けていきました・・・。

 ホテルに帰り、水のシャワーを浴びて寝ました。

 明日から、観光だ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.05

Myanmer1

 気が付いたら11月。ミャンマーの記録をしておかないと忘れちゃう!

 ということで、たらたらと書いていこうかと思います。

 今回のメンバーは「みゅ」「てま」「すあ」「きと」の4人です。千葉での職場の同僚で、「酒豪部」のメンバーでもあります。

 「てま」さんは今回の旅行のリーダー!宿泊、飛行機、ビザの手配をすべてして下さった頼もしい酒豪部会計係です。

 「すあ」さんは酒豪部マンガ班。私とマンガの話をはじめると止まらなくなります。お腹が弱いので、今回の旅行で体調、一番心配な人物です。

 「きと」さんは酒豪部酒豪班。酒豪部部長だっけ?会長だっけ?(私はなんだっけ?)一番お酒をつきあってくれるのが彼女です。

 他の三人は千葉から電車で、私はつくばからバスで成田空港に向かいました。つくばからのバスの時刻も「てま」さんが調べておいてくれました。至れり尽くせり!

 ミャンマーでは外貨はアメリカドルのみ、カードもほとんど使えないと言う情報を得ていたので、空港で円をUS$に換金して中に入りました。「てま」さんの今回のねらいはズバリ!ジュエリー、私も良いのがあったら欲しいなぁ、と思いつつ、ここであまり換金しなかったことを後悔しました。あ・・・あそこまでカードが使えないとは・・・。

 とりあえずね、酒豪部の旅行ですから、ここでかんぱ~い!!!

 19時くらいに日本を発ち、まずはシンガポールへ。

 シンガポールの空港ってとてもきれいでした。お店もいっぱいで、日本も見習えばいいのに。

 日本からミャンマーへの直通便はないので、ここで乗り換えです。
 とはいえ、夜中の1時頃着いたため、この日は空港内のホテルで一泊しました。

 朝、3回くらいモーニングコールをされながら(飛行機に乗り遅れないためらしく、自動のモーニングコースの後、フロントから電話があり、最後にチェックアウト予定時刻10分前にも電話がありました)窓のない部屋でも何とか起きました。

 とりあえず朝ご飯よね、と言うことになり、お粥とか麺を出すお店へ。

 シンガポールにいるんだから、当然Tiger Beer飲まないとね!

 こんな感じでご機嫌のままミャンマーへと旅立ちました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »