« どうでも良い話<28>一歩間違えたら・・・ | トップページ | どうでも良い話<30>筋トレ »

2007.02.23

どうでも良い話<29>特許

 カナダに行っている間に日記が止まるのも寂しいので、何かしらが自動アップされるようにセットしておきたいと思います。


 平成14年9月に出した特許申請、平成19年1月5日に特許が取れました。(権利は前の研究所が持っているので、私には何も入ってこないんだけど・・・。その前に、あの特許、発明した本人(上司と私の2名連名)が言うのも何ですが、絶対売れない。)

 いや~、長かった。やっと前のプロジェクトでの「一定の成果」を出せた気がします。論文を書いたわけでもないので・・・。

 どうでも良い話でした。

|

« どうでも良い話<28>一歩間違えたら・・・ | トップページ | どうでも良い話<30>筋トレ »

コメント

とりあえず防衛的に出しとけってなのしか出しておらず、素晴らしい発明のない私が言うのもなんですが、特許制度ってなんかどんどん本来の目的からずれた運営になっていってますね。
例えば、誰でも思い付きそうな単純なものを誰よりも早く権利化したものが良い特許だそうです。なかなか回避できないのでお金になるので。
データの捏造なんかをしなければならないような特許ってあんまり良い特許ではないように思います。

投稿: 耕士 | 2007.02.24 22:45

一般論として,特許は発明が素晴らしくても,バカのたわごとにしか見えなくても,出ます。新しければ。(上で話題にされている発明に対する論評をしているわけではなく,飽くまで一般論です。)

ついでに,科学ではないので,データの捏造,やっていない測定をやったと書く,など,普通に行われるそうです。科学者が特許を取るときには,これが(心情的に)できなくて余計な苦労をするとか。

どこかの大学の先生がした特許申請に捏造があった,といって問題にされていたことがありましたが,あれは問題にするほうがおかしい話で,わかってない人が文句をつけているんだなぁ,と思った覚えがあります。

投稿: みゅーみゅー夫 | 2007.02.24 10:29

みゅーみゅーさん、おめでと~

売れなくてもいいじゃないですか
素晴らしい発明だから特許が下りたんだよね

いやぁ、尊敬しますっ

投稿: HOLLYWOOD | 2007.02.23 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/13982771

この記事へのトラックバック一覧です: どうでも良い話<29>特許:

« どうでも良い話<28>一歩間違えたら・・・ | トップページ | どうでも良い話<30>筋トレ »