« 多摩川花火大会と世田谷区花火大会 | トップページ | 来ました!Harry Potter最終巻! »

2007.07.20

アッシリア、ヒッタイト→百年戦争→古代中国(倭の五王時代)

 タイトルは、最近書いた&書いているレポートの時代。

 ヒッタイトとかアッシリアとか好きだからいい!好きな時代はすぐに書けちゃう。
 百年戦争の時代はあまり好きじゃない(その200年位前のイギリス・フランスは好き)から結構手こずりました。でも、書き上げたから良い!(自分を褒める。)

 で、今。古代中国と海との関わりで、結構好きな倭の五王を引っ張り出してきました。

 この時代は邪馬台国論争(邪馬台国が近畿にあったか九州にあったか。これによって大和朝廷がいつ成立したか50年ほど時代がずれるんですね~)にも絡んでくるので、結構好きです。分からないことが多いので、想像がいっぱい出来るのも良い!

 大きな古墳を作っていた時代でもあります。
 文字も使われていたようですよね。(埼玉県の古墳から、文字が刻まれている鉄剣が出土してます。)
 言語ってどんなのだったのかしら~?とかね。

 と、日本史でレポートを書く訳ではないので、頭を切り換えて頑張ります。
 ここら辺がちょっとした山かな・・・。

|

« 多摩川花火大会と世田谷区花火大会 | トップページ | 来ました!Harry Potter最終巻! »

コメント

>ポン吉先輩
 ミタンニとリディアはそんなに好きじゃないです。エジプトは好き!バビロニアもそれなり!
 この前のレポートが返ってきました。評価は良くもなく、悪くもなく。読みたいなら、今度お見せしますよ!(何の役に立つのかは分からないけど。)
 ヒッタイトは2つの時期に分けられますが、ヒッタイト帝国の方が好きです。

投稿: みゅーみゅー | 2007.07.29 18:26

今、トルコとエジプトの歴史を振り返っているからタイムリーなお題でした。
アッシリアとかヒッタイトが好き、なんて人がいるなんてびっくりだねー。
ミタンニとリディアとかバビロニアとかは?
いったん何のレポートなんだろう、読んでみたいよ。
って、ここまで書いて先のコメントに気がついた。
とっかかりは漫画なのかー
すごいところ(歴史と場所)に目をつける人がいるもんだね。


おいらも100年戦争はあんまり詳しくないな~
ジャンヌダルクくらいしか浮かばないもの。
つかベネツィアを除いて中世ヨーロッパは苦手なんだよね。
ベネツィア中心で地中海史とかまとめてみない?


古代中国で倭の五王っていうのが?だけど中国では五胡十六国~南北朝時代のことだよね。
自分も地元の大分の歴史調べることがあって、豊後国風土記やら景行、神功、応仁あたり、天皇家・大和朝廷の出自は結構興味あるなぁ
自分は土蜘蛛の末裔か、はたまた海の民の末裔か。
ちなみに邪馬台国は九州だと思ってまーす。
結構面白いよね歴史って。

投稿: ポン吉 | 2007.07.23 01:03

>ありちゃん
 私もこの時代を勉強しているときには「アッシリアはアルゴン王だし、ヒッタイトはイズミル王子だし」って思ってます。ヒッタイトは「天は赤い河のほとり」の舞台でのあるけど・・・。だから、あまりこの時代に嫌悪感はありません。漫画って偉大だわ!

投稿: みゅーみゅー | 2007.07.21 21:01

タイトル見た時、王家の紋章を思い出してしまった。
それにしても、難しそう。

投稿: あり | 2007.07.21 17:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/15822712

この記事へのトラックバック一覧です: アッシリア、ヒッタイト→百年戦争→古代中国(倭の五王時代):

» トルコの歴史(おぼえがき)前編 [いつも心に蒼空を]
アナトリアの地に鉄器で有名なヒッタイト王国が紀元前18世紀に建国。首都はハットゥ [続きを読む]

受信: 2007.07.23 02:10

« 多摩川花火大会と世田谷区花火大会 | トップページ | 来ました!Harry Potter最終巻! »