« 得した気分(^^) | トップページ | 産経国際書展 »

2008.09.04

角界 大麻疑惑について

 デーモン小暮閣下の公式BLOG『デーモン小暮閣下の地獄のWEB ROCK』でも触れられていますが、なんだか、悲しいですね。

***以下、長くなりますので、興味のない方はスルーしてください。***

 聖飢魔IIの信者になる前から相撲が好きでした。母と祖母が相撲好きだった影響だと思いますが、物心ついた時には相撲を見ていた気がします。最初は「赤い高ちゃん」と勝手に呼んでいましたが、高見山が大好きでした。ゲン担ぎの赤いまわしで登場すると、応援の声もさらに大きくなっていた気がします。母や祖母が応援していたのは朝潮とか北天佑だったかな?高見山引退後は千代の富士に心を奪われ、北の海戦では、母が北の海を、私が千代の富士を応援し、千代の富士が勝った時には涙を流して喜んだ小学低学年・・・、今思うと、私、変だ。

 祖母は若貴時代に乗っかりましたが、私はどうもこの二人にはなじめず(貴のおかげで千代の富士が・・・(;_;))、だからといって、相撲から離れたわけではありません。閣下が好角家として有名でしたが、幼稚園、小学校の時ほど熱心には見なくなった程度です。そのころのお気に入りは寺尾でした。

 外国人力士が増え、最近では金髪で目が青かったり緑かったりしても、そんなに抵抗はなかったんです。先に歩いていた高見山や武蔵丸は立派に日本の伝統である相撲を理解し、相撲界の発展に貢献していましたから、国は関係ないのかな、と思ってました。

 でも、今回のはがっかりです。今のところ容疑が掛かっているのは外国人力士だけですが、もしかしたら日本国籍の力士も手を染めているかもしれない。可能性は否定できませんよね。少し前だったら、相撲界に限っては、そんなことはない!って信じて疑ってなかったのに。相撲界の体質が、古き良き時代から甘くゆるいものになっちゃったのでしょうか。確かに、愛の鞭、の愛は、認められるどころか、鞭ばかりをクローズアップして訴えちゃったりするご時勢なのは確かですけれども、そこを敢えて精神的な鍛練、指導をしていくのが、角界の縦の社会だと思っていたんですけどね。

 さて、今回簡易検査で引っ掛かったとのこと。精密検査を今しているんですよね?結果が出るのに2日かかるということは、今、尿を精製して、GCMS(ガスクロマトグラフィー・マススペクトロメトリー)かLCMS(液体クロマトグラフィー・マススペクトロメトリー)で分析をするんじゃないかと思います。(昔尿からステロイドホルモンを精製してGCMSに掛ける仕事をしていた経験から)尿の精製・抽出には2日位かかります。また、GCでもLCでも、ものをクロマトグラフィーで分けたあと、質量分析にかけることで、物の質量数がわかります。これにより、副流煙由来なのか、大麻を吸ったもの由来なのかがわかります。特に、揮発成分は副流煙の場合大気中に逃げるので、体内には入らないため、尿からは検出されません。が、大麻を吸った場合には揮発成分も肺に送り込まれるので、血流にのって体内をめぐるため、尿から検出されます。また、他の類似物質による偽陽性反応も、ここで見分けることができます。例えクロマトグラフィーの析出時間が一緒でも、物質が違えば質量数やその複製物の分子量は異なりますので、見分けることができます。まぁ、精製の技術にかかってきますけどね。この方法以外に精密検査ってあるのかな?

 まだ使用は決まったわけでもなく、所持に関しては物的証拠が出ないため、立件できないんですよね?でも、疑われた、ということ自体、先に逮捕者が出ていること自体が問題なんだと思います。

 関取は、肉体的に強いのは当たり前ですが、精神的にも達観している人格者だと思っていました。更に、日本国籍であることはおいといても、関取としてある一定の業績を残したものでないと、年寄名跡(親方株)を得る権利が得られないのでしょう?日々の稽古で、精神の鍛錬も十分になされていて、その中でも抜きんでたものが横綱なんだと思っていました。横綱になっていなくても、関取になれるだけの力士は、精神面も肉体面も強いんだと信じてました。だからこそ、現役時代から後輩の指導ができるし、親方として親元を離れた少年を沢山指導できるし、親も安心して託せる、そんな世界が相撲界だと思っていました。確かに学歴という面では、小さい頃から相撲一辺倒で低いかもしれないけれど(中学でてすぐに角界入りした場合)、社会経験、精神年齢は高く、社会人としては立派な経験を積んでいるんだと、みんなが認めていたんだと思います。だから、そこに薬物が入るなんて思ってないんですよね。相撲って神事ですよね。出発点は。横綱って、本当に綱だったんですよね、注連縄だったんですよね、昔は。なんか、本当にがっかりです。怒りは湧いてこないのですが、柔道と同じく、スポーツになっちゃったのかなぁ、って残念に思います。


 角界にも派閥がありますが、今回はそんなの取っ払って、どうにかしないとまずいと思います。復活に期待します。精神的スポーツからの脱却を願います。

 久しぶりに思いのたけをぶつける(?)blogを書いちゃった。

|

« 得した気分(^^) | トップページ | 産経国際書展 »

コメント

 皆さん、ご意見・ご感想、ありがとうございます。検査は黒でしたね。検査屋なので、検査結果を支持します。

 ピーちゃんの身元引受人さん。白衣着てるだけで尊敬してもらえるなんて♪病院に行ったら尊敬する人ばかりですね!

投稿: みゅーみゅー | 2008.09.11 19:57

俺もみゅーみゅーさんと同じ意見です。
そして閣下も、今まで大目にみてたけど、ついに堪忍袋の緒が切れて・・・といった事なのだろうな、と。

俺も小学生の時からみてました。輪島、貴の花、そして憎たらしいほど強かった北の湖理事長の現役時代も知っています。
1番好きなのは千代の富士です。やっぱりあの画期的な体を作り上げた根性と生き様は、歴代横綱、力士の中でも1番と思えますし。

もう北の湖理事長も責任とって退任するべきですよ!世間の意見とあまりにも離れすぎだし、重大さをわかっていない。
福田総理とかぶってます。

できたら閣下の横綱審議会入りや、やくみつると同じ委員会入りを望みます!あんなに大相撲を愛して、わかってる方はいない!

投稿: 小暮 田園門 | 2008.09.06 20:12

私もがっかりです。ほんとにがっかりです。
あんまり相撲に関しては詳しくなく
好きな力士が勝つとうれしい、くらいなんですが
閣下がどんなに悲しんで嘆いて怒っておられるのかと思うと
すごくがっかり。

私も同じこと考えましたよ。
ただ相手を転がす技に長けているだけで
上へのし上がれる
単なるスポーツになっちゃったんだなー、と…
今回の疑惑の方に限りませんが
どうして故郷でレスリングとかやってたのに
あえて角界に入ったんだろうなー、と思いました。
やっぱりそれは相撲の世界、そして日本に「うま味」があったからじゃないのかな。
今回のことで、そこまで邪推してしまいます。

投稿: 隼 | 2008.09.05 11:53

古い体質は功罪両面あるだろうねぇ。

実際、Jリーグでも薬に関しては疑惑ではなく、具体的にあの選手、、と言うように分かっていたりします。ほら、高校とか大学の頃とか吸っていたりする奴いたでしょ?!匂いですぐ分かる系の薬って駄目だよね、すぐ分かるから(いや分からなきゃ良いって意味じゃなく…)。

要は何が良くて、何が悪いか、強さ、弱さの見極めと戒めとかしっかりしなきゃ駄目だと思う。Jの場合はね、監督が選手をチヤホヤし過ぎ。。神のように崇めている監督とかフロントとかいるんだよね。。ましてやそれは違法ってこと、分かっててやる馬鹿がいるんだよねぇ。。。。。。

人の子でも叱るくらいの道徳観と社会的通念って言うのがやはり必要だよ…。それをメディアに任せるのは絶対間違ってるよ。メディアは駄目。頭の程度が低すぎるので。

投稿: KEN | 2008.09.05 01:47

いやあ、思いのたけですねえ、たしかに・・

でも、視点を変えると、厳格な部分、神事?!的な周囲の見方が逆に力士たち、特に外国人力士には浸透できないのかもしれませんし、ストレスになっていたりしませんかねえ。
ある意味、日本人力士が減っていることも、こうした「神事」的側面を敬遠しているようにわたしには思えますが。

投稿: fukuda | 2008.09.05 00:07

わ~
そういう難しい分析とかしているんですか。
白衣着て?
尊敬しちゃう。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2008.09.04 16:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/42375666

この記事へのトラックバック一覧です: 角界 大麻疑惑について:

« 得した気分(^^) | トップページ | 産経国際書展 »