« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010.12.27

池田の「Pizzeria Pancia Piena」

 阪急宝塚線 池田駅の近くにあるPizzeria Pancia Pienaに行ってきました。

 大阪に引っ越す前から目をつけていたピッツァを窯焼きで出すお店です。

 我々夫婦、いつのころからかピッツァ大好き。稲毛にもつくばにも、それなりのピッツァを出してくれるお店を見つけていたのでよく通っていましたが、大阪で、更に歩いて行ける範囲にはなかなか良いお店を見つけられていませんでした。

 で、電車を使って20分くらい?梅田に出て行くのと同じくらいのところに、期待できるお店があるというので、ずっと目をつけていました。

 前に夫が一人で偵察に行き、「美味しい!」と言いながら帰ってきたお店なので、ものすごく期待して、期待して今回行ってきました!!!

 予約はしていきませんでしたが、なんとか1時間の時間制限付きでテーブルに着くことが出来ました。行ったのは日曜日でしたが、平日ももしかしたら混雑しているのかもしれません。待たずに食べたいならば、予約していくのがいいと思います。

 当然ピッツァのランチ。選ぶピッツァによってお値段が変わります。1400円から。

 ランチにはサラダとドリンクが付いてきます。

 ランチについてきたサラダです。結構たっぷり野菜を食べた!という印象です。


 トマトソースを使ったピッツァRossaの中から選んだ、定番中の定番「Margherita」です。
 トマトソースとモッツァレラ、パルミジャーノとバジリコだけのシンプルな一品。でも、ジューシーで美味しかったです(^^)。


 トマトソースを使っていないピッツァBiancaから選んだ「Biancaneve」です。
 モッツァレラ、生ハム、ルッコラ、パルミジャーノのピッツァです。作るところを見ていたら、オリーブオイルの他に、白い液体をかけてから窯に入れてました。あれは何だろう?

 窯に張り付いているシェフは無口っぽい、まつ毛の長いおじ様でしたが、テーブルの様子を見ながらピッツァを焼いてくれたので、熱々を食べることが出来ました。

 いや~、本当においしかったです。
 機会があったらディナーの時間にも行ってみたいかも。

 あ~、満足しました(^^)。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.12.22

肝機能自慢

 私の話です。

 私はお酒が好きです。でも、健康診断の際、肝臓の数値はすこぶる低い。(とてもよいことです。)

 具体的には、AST(GOT)、ALT(GTP)、γGTPの値です。

 ASTは心臓に一番多く分布してますが、肝臓での分布も多く、ALTの約3倍あります。ASTが特に高い場合、心疾患の可能性も否定できない、と国家試験の勉強のときに学んだ気がします。

 AST、ALTはともに急性肝炎の早期診断、慢性肝疾患の経過観察に使われます。(肝以外の臓器にも存在しているため、肝疾患以外の疾患の場合にも高値になる場合があります。)普通血清中には微量にしか存在しないASTとALTが高値で検出された場合、もともと存在していた組織が変性・壊死したのではないか?と疑うわけです。

 γGTPは、ほぼ肝・胆道系疾患に限定したスクリーニングに使われます。年齢や飲酒習慣によって大きく値が変動します。アルコール性肝障害の場合、禁酒によって値が急激に基準値付近まで改善すると言われています。

 さて。私は健康診断の前の日でも飲みます。(就職試験の前の日も飲みました。へへへ。)普段飲んでいるので、節制ってあまりしません。

 でも、今年、「禁酒してから健康診断受けたら、何か変わるのか?」とふと思い、禁酒た状態で望みました。

      今年 去年
AST   14   13 (基準値10~40 U/L)
ALT   10   12 (基準値5~40 U/L)
γGTP 13   16 (基準値30以下)

 禁酒してないほうが値がいい?(まぁ、誤差範囲ってことでしょうね。)なんだ、変わりないじゃないか!


 最近、全然むちゃな飲み方をしてないのがいいのかもしれません。自分にとっての適量を知ってからは、なにかない限りはぞの量を超える飲み方をしません。イヤなことがあってやけ酒したのは何年前の話?って感じです。危ないのは夫の実家に行ったときに飲みすぎることですが、最近はワイングラス6杯まで!と決めているので、平気になったかも。

 うふ、私ってば鋼鉄の肝臓~。わ~い、わ~い。

 私とは逆に、禁酒しても肝機能の検査の値がものすごく高い友人がいます。遺伝的に何かあるのだろう、と言われたらしいのですが、かわいそうに。今は禁酒しても意味がないということでお酒を飲んでいるようですが、気を付けてもらいたいものです。

 私も数値を過信せず、程度なお酒で楽しむつもりです。

 いいだろ~!(誰となく。)

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.12.21

雨の皆既月食

 今日は3年ぶりの皆既月食でしたが、あいにくの雨でした@大阪。

 まぁ半影食から見られるわけではなく、皆既月食が始まるころに月の出を迎える感じだった(欠けつつある月が昇っていくのが見える;月出帯食)ので、赤銅色の月が見えたらいいな~と思っていましたが、雨ですね~。

 昔撮った皆既月食の写真があるか探してみましたが、部分月食の写真しか有りませんでした。なので、アップするのはやめました。

 皆既月食、ちゃんと写真撮りたいな~。

 来年の月食の予定は
2011年6月12日(皆既月食;月没帯食、食の最大あたりで月没。海外にい出れば皆既が見られるはず。)
2011年12月10日(皆既月食;全過程が観測出来る。晴れたら。)

 来年の12月の皆既月食は撮影だ!(我が家のベランダから撮れるのか?)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.12.20

電子レンジとガスコンロ

 我が家で使ったいた電子レンジとガスコンロは、夫が一人暮らしを始めるときに買ったものです。だから、1998年に買ったもの?かな?

 電子レンジ。先日使っていたら、金属が燃える臭いがしたので即使用中止。そのままamazonで新しいものを買いました。最近は電子レンジのみの機能をもった機種が少ないんですね。仕方がないのでオーブンレンジを買いました。どうせならヘルシオが欲しかったけど、設置場所の関係で大きなものは買えませんでした。

 翌日か翌々日、新しいものが届いたので古いものと入れ替えてびっくり!今まで使っていたものは50Hz専用でした!うわ~、まさかそんな風になっているとは思ってなかった。(50Hz&60Hz対応と信じて疑ってなかった。だって、ダイヤルには「60Hzの場合」と「50Hzの場合」の2つのメモリが振ってあったから!)50Hz専用ならば、壊れるはずですね。新しく買ったものは、50Hzでも60Hzでも大丈夫なものを買ってもらっているはずです。(機種選定は夫に任せたのできっと大丈夫。)昔懐かしの「チン」って音は聴けなくなりましたが、高機能らしいので、使いこなせるように頑張りたいと思います(^^)。

 また、別の日。職場で「あれ?私、朝、煮物に火を通して、消したっけ?」と、お昼ごはんの時に非常に、非常に心配になりました。一度気になると、事が火の元だけに気になってしまってしょうがない!同僚のKさんに車を出していただき、家までチェックしに一度戻りました(^^;。幸い火はちゃんと消していましたが、「安全センサー付きのガスコンロがほしい!」と強く思い、買い直しました。壊れたわけではなかったので、どうしようかな~と思いましたが、安全の方が優先!

 新しく買ったガスコンロ、グリルが大きいので、さんまがまっすぐ3~4尾入りそうです。(今までのは小さかったので、対角線にしないと入らなかった。)また、両面焼きらしいので、焼時間も短縮(^^)。水を張らなくていいなんて楽ちん(^^)。と、かなりご満悦です。魚を焼くことが多いので、本当にうれしいです。(これもamazon。機種選定は夫に任せたので、どんなのが来るのか知りませんでした。)

 ガスコンロも電子レンジも、今のところきれいです。さて、いつまできれいに使えるか???

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.12.13

祭りが終わった・・・

 海外からカウントすると6月、国内は9月から始まった聖飢魔II25周年期間限定再集結、昨日で終わりました。

 11年前(魔歴元年、西暦1999年)に解散している聖飢魔II。この時の解散は、私自身は全く受け入れられるものではありませんでした。が、20周年の「期間限定再集結」を行った5年前、昨年の解散10周年を経て、昨日の再々解散をすんなり受け入れることが出来ました。

 閣下もおっしゃってましたが、聖飢魔IIは過去のものではない!聖飢魔IIとともに、未来をしっかり見据え、先に進んでいかないとね!

 ミサの感想等は、もう少したってからアップします。流石に疲れた。

 プライベートで飛行機に3か月のうちに12回も乗るなんて、もう無いだろうな~。いや~、全国各地、良く行ったものです。5年後がもしあったとしても、もう今回みたいに動けないでしょう。それを許してくれた夫に感謝です。

 燃え尽きたけど、すっきりしています。脱力感はあるけど、虚脱感ではないです。結構精神的にもっとダメージを受けるかと思ったけど、11年かけただけのことはある。精神的には元気だ!ちょっとホッとしています。

 今回の再集結でお会いできたお仲魔の皆様、ありがとうございました。全然からみませんでしたが、楽しい時間を過ごすことが出来ました。またどこかのライブ会場でお会いしましょう!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

朝ご飯

朝ご飯
羽田空港のモーニングセット。結構なボリュームです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.12

パエリア

パエリア
念願のパエリア!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座マリオン

銀座マリオン
今から同級生と銀座でランチです。
その後、聖飢魔IIの期間限定ミサ千秋楽です!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.05

親への誕生日プレゼント

 皆さんはご両親にどんなものを誕生日プレゼントとして送っていらっしゃるのでしょうか?

 私の父と母は簡単。ラッキョウのたまり漬けを贈っておけば(言い方は乱暴だけど)間違いないはず。私と一緒にスキーに行ったことがある人はみんな知っていると思いますが、この時期、東北や信州方面にスキーに行くと、休憩で立ち寄るところやお土産屋さんで、いつもラッキョウの醤油漬けを買っていました。一袋、二袋ではありません。親が好きなもので、スキーに行くというと必ず「ラッキョウ!」って言われてたんですよね。私は一切食べないのでよくわかりませんが、そんなにおいしいのかな?

 最近は日光の上澤梅太郎商店のものを送っています。ここのラッキョウは、祖母が生きていたころは樽買いしていましたので、きっと好きなんだろう、と予想しています。

 困るのが、夫の両親。なんでも豊富に持ってる。欲しいものは本人が即買いに行っちゃうし、食べ物も沢山ある。うちの親のように「これが好き!」ってのがいまいちよくわかりません。
 今年はルンバを贈りました。その前は私が書いた書かな。1月に義父の、2月に義母の誕生日がきます。(ちなみに、12月は私の父の、3月は母の誕生日。)どうしよう~。困った~。

 同時に、父の日、母の日も困ってます。ルンバを買った時は、義父の誕生日、義母の誕生日、母の日、父の日全部込みにしてもらいました(^^;。来年はどうしよう~。

 いい案があったら教えてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.12.03

聖飢魔II 「信者の集い」

 毎度おなじみ、聖飢魔IIネタですので、興味無い方はスルーしてください。

 聖飢魔IIのファンクラブを「魔人倶楽部」と呼びます。でもって、ファンのことは「信者」と呼びます。

 「魔人倶楽部」に入会している「信者」だけが参加できる集会(?)を「信者の集い」と呼びます。

 11/22に大阪で行われた信者の集いに行ってきました~。

 信者の集いでは、写真撮影がokになります。(でも、その画像をWEB PAGE、blog等にアップするのは原則禁止です。だから、今回の記事には画像はありません。)今までは写真を撮ることに夢中になって、閣下たちを凝視する機会を逃しそうな気がして、あまり写真は撮りませんでした。が、今回はnikonのF4を持ち出し、写真を撮ってきました!

 信者の集いはトークが中心です。前は聖飢魔II構成員が演奏するビートルズのコピーを聴いたり、もっと大昔は、聖飢魔IIをバックに生カラオケ(?)なんてものもあった気がします。みんな遠い昔だ・・・。今回は、各構成員の私物抽選大会がありました。

 ま、当たりませんでしたけどね。

 あとは、信者たちからあらかじめ受け付けた質問に聖飢魔II構成員が答えるコーナー、25人1グループで聖飢魔II構成員と集合写真を撮るコーナー(会が終わったら自分が写っている写真をもらえます)、三々五々締め、魔の手直触之儀(構成員と握手!)などがありました。

 毎回魔の手直触之儀の際、私はデーモン閣下に「相撲の本を書いてください!」と申し上げてます。ライブでアンケートがあったら、やはり「外国人のために英語でも、国内の相撲ファンのために日本語でも、なんでもいいので相撲の本を是非執筆してください!」と書いておりました。

 今回もそれを申し上げたら「半分くらいは書いたんだけどね」とお返事をいただきました~!凄い~!あと半分、是非閣下!お願いいたします~!!!わ~い、もしかしたら閣下の「相撲関連本」が日の目を見るかも?ををををを!

 ということで、とっても満足したので、そのまま帰ってきました。

 写真の出来は、うふふ、満足です。KANAEちゃんとRIHOちゃんとNATSUKO嬢、MIRINさん、AKIRAさんの分は自動的に焼き増しさせていただきます。その他で「欲しい!」という方は、連絡ください。まぁまぁな写真は20枚くらいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »