« 栗の渋皮煮 | トップページ | ミスタードーナッツの箱 »

2012.12.01

ドングリの水耕栽培 その1

 ここ2週間ばかり、公園に行ってはドングリをペットボトルに集める、という、何とも地味なお散歩をしていました。
 拾ったドングリはペットボトルに入れっぱなし、ベビーカーについている籠に放置しっぱなしでした。

 一昨日ペットボトルをみてみたら、あらまぁ、芽を出しているドングリがあるじゃないですか!(芋虫もドングリから出てきてたけど。)

 ということで、どんぐりの水耕栽培を行うことにしました。

 用意したのはまず、ペットボトル。初めてなので、2Lと500mLのペットボトルを工作しました。工作って言ったって、適当なところでぶった切って、包帯をたらしただけ。一応切り口を火であぶって丸めて、溶かしましたけどね。

 この後、包帯の先を切って、キッチンペーパーを結びつけました。

 拾って来たドングリを種類別に分けてみました。が、これがなかなか難しい!
 私の眼には5種類のドングリがあるように見えたのですが、どうでしょうか???


 アラカシ、シロカシ、クヌギ、コナラ、マテバシイ、アベマキ、カシワ???このあたりのどれかだと思いますが、どうでしょうか?全く判りません(^^;。

 そういえば、ツブラジイも私が拾ってきましたが、これは電子レンジでチンして全部食べちゃいました。

 発芽しているものだけセットしてみました。他のドングリは水没中。明日選ばれた勇者だけセットして栽培してみるつもりです。

 さて、この先どうなるか?うまく行ったらまた報告します。

|

« 栗の渋皮煮 | トップページ | ミスタードーナッツの箱 »

コメント

わかさま
アボカドの種からの水耕栽培では既に実績とノウハウがあり、
3年もののアボカドの木は、もうゆうに50cmを越えようかと言うくらいまで生育しました。
ドングリの水耕栽培は、思いつきませんでしたねぇ。
わかさまの栽培日記の進捗具合も見ながら、
ドングリの水耕栽培、ウチでもやってみようかと、
思います。
近くにドングリ山があります。

投稿: YYPaPa | 2012.12.05 09:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16972/56229219

この記事へのトラックバック一覧です: ドングリの水耕栽培 その1:

« 栗の渋皮煮 | トップページ | ミスタードーナッツの箱 »