2016.04.03

ラーメン

 ものすごく久しぶりの投稿なのに、ラーメンネタ。

 夫の実家に近いラーメン屋さんが、TVで紹介されていた(というか、ラーメンを習っていた?)ので、忘れないように貼り付け。

Bum Bun Blau Cafe
Bum Bun Blau Cafe
ジャンル:ラーメン
アクセス:東急大井町線旗の台駅 東口 徒歩1分
住所:〒142-0064 東京都品川区旗の台3-12-3 JーBOXービル2F(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 戸越銀座・旗の台×ラーメン
情報掲載日:2016年4月3日

いつか、いつか行くんだ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012.11.02

栗の渋皮煮

 栗の渋皮煮を作ってみました。

 参考にしたのは『All About』のちょっとしたコツ!栗の渋皮煮です。

A.準備した器具と材料
・栗剥き機


これが本当に役に立ちました。これまで栗の鬼皮を剥くのに小型ナイフを使っていました。指がズタズタになって大変なことになってましたが、これを使うようになってから、指は無事になりました。
・なべ
・ボール
・楊枝
・保存用の瓶

・栗800g(鬼皮つきで計った分量)
・大根おろし200g×3=600g(3カップ)
・重曹 5g×3=15g(小さじ3=大さじ1)
・蜂蜜 200g
・三温糖 200g

B.作り方
0.前日に栗を水につけてオーバーナイト。

1.栗の鬼皮を剥きます。このとき、灰汁で手が荒れるので、私はラテックスのグローブをして皮を剥きました。渋皮を傷つけないように慎重に剥きます。私は面倒なので、剥いたらすぐに水に漬けてしまいました。

2.重曹小さじ1(5g)と大根おろし1カップ(200g位)を鍋に入れ、火を入れます。すぐに灰汁が出てくるので、丁寧に灰汁を掬いながら10分煮ます。

3.10分経ったら火を止め、冷めるまで放置します。こんなに水が赤黒くなりました。ポリフェノールたっぷり。アルカリの水を入れたらちゃんと青くなりました。

4.ゆで汁を捨て、乾かさないように注意して水につけ、表面を洗います。楊枝を使って取れるようなら残っている筋を取り除きますが、この作業はあと2回行うので、無理はしません。

5.再び水に浸し、重曹小さじ1(5g)と大根おろし1カップ(200g位)を入れ、火を点けます。

6.沸騰したところです。10分煮ながら灰汁を取り除きます。

7.10分経ったら火を止め、冷めるまで放置します。

8.ゆで汁を捨て、乾かさないように注意して水につけ、表面を洗います。楊枝を使って残っている筋を取り除きます。かなり良く取れます。

9.3回目の水に浸し、重曹小さじ1(5g)と大根おろし1カップ(200g位)を入れ、火を点け10分、灰汁を取り除きながら煮ます。

10.10分経ったら火を止め、冷めるまで放置します。

11.最後にぬるま湯で綺麗に洗った後、水に3時間ほど漬けておきます。あぁ、マウスの脳に見えてしょうがない・・・。

12.水を替えて火にかけ、蜂蜜を200g入れて落としブタをして20分煮ます。

13.更に三温糖を200g加えて更に20分煮ます。

14.本当はここで煮汁に付けたままオーバーナイトですが、私は熱いまま保存用の瓶に入れて、冷蔵庫に入れてしまいました。

15.出来上がりです。

 出来上がって直ぐはそんなに糖が沁みてませんでしたが、時間が経つにつれてどんどん甘くなり、「渋皮煮」になっていきました。初めてにしては良くできたと思います。

 しかし、大変でした。年に1回作れば良い方かな…。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011.08.13

秋ですね

秋ですね
親から松茸が届きました。毎年毎年ありがたや〜。

まずは焼き松茸。明日は土瓶蒸しと松茸ご飯だわ(^^)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011.04.02

チーズケーキ

 新年度になりました。

 さて、何を始めよう。思いつくのは英語か・・・。(でも、大の苦手!)
 光学も良いなぁ。簡単そうなテキスト見つくろってみようかしら。

***

 最近、チーズケーキに飢えてます。作ってくれる友人もいないし、美味しいチーズケーキ屋に毎回買いに行くのも面倒。辻堂やつくばのチーズケーキ、チーズケーキファクトリーのチーズケーキ・・・、食べたい~!!!

 ということで、初!チーズケーキ作りに挑戦しました!!!

 チーズケーキミックスというのがスーパーに売られていたので、粉と砂糖はそれを使いました。
 クリームチーズは「クラフト フィラデルフィアクリームチーズ 200g」使用。150g位しか使わなくていいらしいのですが、全部入れました(^^)。
 卵4個。本当は3個で良いのですが、メレンゲを作るときにこぼしたので、1個追加(^^;。マルチブレンダーが活躍しました。
 レモン1個分の果汁を絞って、皮も擂って使うようですが、私はポッカのレモン汁を使いました。適量。
 牛乳40mL。

 本当は160℃で60分、15cmの型に入れて焼くらしいのですが、私は炊飯器を使いました。
 炊飯は2回。

 焼きあがったら、お皿に移して荒熱を取った後、冷蔵庫で冷やしました。

 初めてにしては、上出来。ただし、人さまにお出しできるレベルではありませんでした。

 チーズが濃厚で、量食べられません。でも、しっとりで美味しかったです。余は満足じゃ!

 こういうのって、もっと若い時から始めるんでしょうけど、まぁいいや。
 当分作らないと思いますが、楽しかったので一応メモとしてアップしておきます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011.03.05

少路ROSSO

小路ROSSO
小路ROSSO
蒔窯ピザ屋です。

***追記***
 子連れのお客さんがものすごく沢山いました。12時に行ったら満席で、ちょっとだけ待ちました。
 お値段が高め。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.12.27

池田の「Pizzeria Pancia Piena」

 阪急宝塚線 池田駅の近くにあるPizzeria Pancia Pienaに行ってきました。

 大阪に引っ越す前から目をつけていたピッツァを窯焼きで出すお店です。

 我々夫婦、いつのころからかピッツァ大好き。稲毛にもつくばにも、それなりのピッツァを出してくれるお店を見つけていたのでよく通っていましたが、大阪で、更に歩いて行ける範囲にはなかなか良いお店を見つけられていませんでした。

 で、電車を使って20分くらい?梅田に出て行くのと同じくらいのところに、期待できるお店があるというので、ずっと目をつけていました。

 前に夫が一人で偵察に行き、「美味しい!」と言いながら帰ってきたお店なので、ものすごく期待して、期待して今回行ってきました!!!

 予約はしていきませんでしたが、なんとか1時間の時間制限付きでテーブルに着くことが出来ました。行ったのは日曜日でしたが、平日ももしかしたら混雑しているのかもしれません。待たずに食べたいならば、予約していくのがいいと思います。

 当然ピッツァのランチ。選ぶピッツァによってお値段が変わります。1400円から。

 ランチにはサラダとドリンクが付いてきます。

 ランチについてきたサラダです。結構たっぷり野菜を食べた!という印象です。


 トマトソースを使ったピッツァRossaの中から選んだ、定番中の定番「Margherita」です。
 トマトソースとモッツァレラ、パルミジャーノとバジリコだけのシンプルな一品。でも、ジューシーで美味しかったです(^^)。


 トマトソースを使っていないピッツァBiancaから選んだ「Biancaneve」です。
 モッツァレラ、生ハム、ルッコラ、パルミジャーノのピッツァです。作るところを見ていたら、オリーブオイルの他に、白い液体をかけてから窯に入れてました。あれは何だろう?

 窯に張り付いているシェフは無口っぽい、まつ毛の長いおじ様でしたが、テーブルの様子を見ながらピッツァを焼いてくれたので、熱々を食べることが出来ました。

 いや~、本当においしかったです。
 機会があったらディナーの時間にも行ってみたいかも。

 あ~、満足しました(^^)。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.09.28

秋の味覚

 私の親が、マツタケを送ってくれました。

 今晩のメニューは急遽
・マツタケご飯
・土瓶蒸し
・姿焼
に変更!

 ありがたや~、ありがたや~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010.08.22

バーニャ・カウダを作ってみました

 たぶんイタリア料理だと思うのですが、先日行ったフランス料理屋で食べて感動した「バーニャ・カウダ」を作ってみました。

 材料はアンチョビ、にんにく、オリーブオイル。それにバーニャ・カウダを付けて食べる野菜です。フランスパンにつけてもおいしいです!

 レシピはいろんなところに落ちてますが、私が食べたのは生クリームが入っていないものだったので、生クリームは使いませんでした。アンチョビも既にペーストになってチューブに入っているものを使いました。

 にんにくを買ったのは初めてでしたので、ちょっとドキドキです。臭いがね~。でも、牛乳で煮ることによって臭みが取れたので安心して使うことができました。

 アンチョビペーストは既に塩辛いので、塩の追加は必要ないと思います。



1.にんにくの芽を取ります。


2.冷たい牛乳からにんにくを煮ます。臭みをこれで取り除きます。


3.にんにくを取り出し、水で洗います。で、みじん切りにします。包丁でつぶしてペースト状にしてもOK。


4.オリーブオイルを温めます。


5.ペースト状のアンチョビをオリーブオイルに入れます。


6.にんにくを入れます。


7.出来あがり。我が家には専用ポットがないので、焼き物の器に入れ、ホットプレート(?)に乗せて温めました。

 用意した野菜は、今回はアスパラ、きゅうり、パプリカ、セロリ、ニンジンです。ベビーコーンやオクラなどを付けて食べてもおいしかったです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.08.12

弘屋(コウヤ)に行きました

 ものすごく、ものすごくおいしいお店に行ってきました!
 でも、画像はありません。すいません。リンク張った食べログにいくつか画像があるので、それを見てください!

 大阪・北新地にある「弘屋(コウヤ)に行ってきました。ANAクラウンプラザホテルの横にある二葉ビルの3階にあります。カウンターのみ8席のお店です。予約なしでは入れないのではないかと思われます。頻繁に予約の電話や空席があるかの確認がかかってきていました。

 今回2回目ですが、いや~、本当においしかったです。今回はアワビを食べましたが、これが絶品!夫は「今年食べた中で一番おいしい料理」と絶賛してました。美味しかったね~<あのアワビ。あと、私が大好きな羊!これも大変おいしかったです。

 前菜3品とメイン2品(すべてハーフサイズ)、ワイン6杯で満腹!最後にコーヒーを飲んで帰ってきました。

 次回行くときには写真を撮ってきたいと思います。
 予算に余裕があるならば、絶対に行って欲しいお店です。ものすごくお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.30

給食の「ソフト麺」

 給食に出た「ソフト麺」と聞いて「何それ?」と思ったあなた、西の出身ですね!

 ええと、職場の昼食で何人かと「給食」の話題で盛り上がっていた時のことです。給食を時間内に食べきれなくて、みんなは遊びに行っているのに私一人だけ食べきれない食材と格闘していた、云々を話していた時に「ソフト麺のときはちゃんと食べ終わりました!」って言った時のこと。

 「ソフト麺ってなに?」

って同時に数人から突っ込まれました。

 え!ソフト麺はソフト麺であって、それ以上でも以下でもない・・・。

 「スパゲティのちょっと太くて柔らかい、うどんよりも細くて、ビニールの袋に入っている麺。カレーとかミートソースとかが別の器にあって、お皿の上に麺があるんです。袋から麺を取り出してミートソースにからめて食べます」と説明しました。名古屋出身の人は「2つに割って入れるんですよね~」と言っていたので「私は4つ!」と答えました。そうしたら、長崎出身の人が「割る?麺が並んでいるの?」と、何を想像しているのかわからない質問をしてきました。下呂温泉は岐阜?下呂温泉出身の学生は知ってました。福島県出身の助教も知ってました。でも、大阪・長崎出身の人は知りませんでした。

 ソフト麺を知らないなんて~!かなりびっくり~!!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧