2017.05.27

トリオプス(カブトエビ)観察日記4

 体長が6~7mmになりました。
 そろそろ餌をあげようかしら。

 この個体だけが突出して大きく、他のこたいは2mm位。でも、確認できただけで10匹いました。

Triptos4days


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.26

トリオプス(カブトエビ)観察日記3

 をを!キットをセットした日を0日目として、2日目にして5mmくらいまで大きくなった個体もいました。今のところ「動くもの」は8個体位数えられました。

まだ餌はあげていません。餌をあげるタイミングとか、ちゃんと調べたうえで、息子にお世話をおしえなきゃ(^^)。

ちゃんと「カブトエビ」っぽい形してきて、ちょっと嬉しいです。

写真は撮ってみましたが、全然ダメダメ(焦点が合わない)ので、もう少し大きくなってから。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.25

トリオプス(カブトエビ)観察日記2

 飼育開始から50時間経って、やっと「なにかこの中に生き物がいる!」という状態になりました。

 が!

 あまりにも小さくて、本体が確認できません。背景を白にしたときに、かろうじて「影が動く」のがわかる程度です。

 透明っぽい、1.5mm位の細長いもの、って印象です。

 早く写真撮れるくらいにまで大きくなってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.23

トリオプス(カブトエビ)観察日記1

トリオプス(カブトエビ)の飼育キットを買ってきたので、息子にお世話させることにしました。
さて、どうなりますか。

孵化は2~4日後らしいので、明後日から本格的に観察開始かな。


20170523triops1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.25

ちゅねお~!

 私は「ちゅねお」という名の金魚を飼っています。2005年に我が家に来た「ちゅねお」は、当時の上司が金魚すくいでゲットした和金です。

 「ちゅねお」がやってきたのは夫が丁度アメリカに行っていた時期です。夏、日中の部屋の気温が気になったので、水槽を職場に引っ越して、職場の皆さんと一緒に育てていました。「ちゅねお」が来る前は「じゃいあん」と「すねお」を飼っていましたが、水槽の蓋をし忘れたすきに「すねお」が死のジャンプをしてしまって・・・。頑張って生きようとしていたかいもなく死んでしまいました。その代わり(?)としてやってきたのが「ちゅねお」です。

 当時学生だったCさんが、せっせと餌をあげてくれたので、金魚たちはどんどん大きくなっていきました。

 一緒に飼っていた「じゃいあん」は2007年に死んでしまいました。なので、いまは「ちゅねお」一匹です。

 大阪への引越のときにずいぶんと拗ねてしまって(我が家では、「ちゅねお」が元気がなく、背びれを閉じている状態を「ちゅねる」と表現します)大変でしたが、元気に大阪の水にも慣れてくれました。

 おとといくらいから「ちゅねてるな~」と思っていたので、昨日水を換えようと「ちゅねお」を見てみたら!体中に白いカビが!!!!!

 慌てて0.5%塩水+メチレンブルー(0.1%濃度の溶液を更に1000倍希釈して使用)浴をさせました。

 一晩経って、目に見えるカビは全部なくなっていましたが、うろこの間に炎症が見られます。
 昨晩はずっと底に沈んでちゅねていましたが、朝には泳ぎ回っています。一安心。

 これを機に大きな水槽にかえてあげるから、頑張るんだよ、「ちゅねお」!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.07.01

じゃいあんよ、さようなら

 4年前の「まつり つくば」で、金魚すくいをやりました。そのときに2匹の金魚を手に入れ、大きい方を「じゃいあん」、小さい方を「すねお」と名付け、飼い始めました。
 3年前、家のリフォームを機に私の職場へ2匹を連れて行きました。日中暑い部屋に残すのが忍びなかったのもあり、秋まで職場で飼っていました。
 当時そこにいた学生さんがものすごくかわいがってくれて、餌をいっぱい貰った2匹はどんどん大きくなっていきました。
 ある日その学生さんが「 すねお がいない!」と言ってきます。あわてて周辺を探したら、本と紙の隙間に横たわる すねお が・・・。一時期は回復しましたが、3日後に死んでしまいました。

 そうしたら、上司が「うちにはメダカがいるから飼えないの」と、小さな金魚を連れてきました。それが「ちゅねお」です。
 最初は じゃいあん に怯えて水草に隠れていましたが、そのうちに じゃいあん を押しのけて餌を食べるようになりました。

 それから2年、 じゃいあん は体長12cm、 ちゅねお も8cmまで成長しました。かなり良い体格です。

 2ヶ月ほど前、 ちゅねお は胸鰭の付け根部分が真っ赤にただれてしまう病気になりました。 ちゅねお だけ別にし、0.5%塩水とメチレンブルーのダブル塩浴で治療しました。そうしたら、1週間ほど前、また ちゅねお が同じ症状を示しました。今回は左側のみでしたが、腹鰭の付け根もただれています。やはり、メチレンブルーと塩の混合液を作り、治療を開始しました。

 じゃいあん は体が大きいからか、残された水槽内でも元気に餌をねだっていました。しかし木曜日の夜、 じゃいあん にも同じような爛れを発見し、ちゅねお と一緒に塩水浴を開始しました。
 金曜日の朝、塩水を新しくし、メチレンブルーを加えたものを作りました。そちらに移すときに元気に暴れる じゃいあん。こんなに元気なら、治るのも早いだろうと思いつつ出勤しました。

 家に帰ってきて じゃいあん 達を見ると、 じゃいあん が転覆しています。慌てて じゃいあん と ちゅねお を離し様子をみましたが、その夜、 じゃいあん の目が透明になりました。一応一晩おいてみましたが復活することなく、死んでしまいました。病気発見から1日、早かったです。

 土曜日の朝、夫と二人で家の目の前にある木の根本に じゃいあん を埋葬しました。

 じゃいあん にとって、我が家に来たことが少しでも幸せだったら良いなぁ・・・。

 ちゅねお は相変わらず、しょっぱくて青い水の中にいます。が、ずいぶんと泳ぎ回るようになって回復してきました。(もう少し薬液浴は続けますが。)ちゅねお はもっと長生きして貰いたいです。
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.03.05

金魚が威嚇する~

 私は金魚を2匹買っています。2歳半の「じゃいあん」と、0歳半の「ちゅねお」です。
 「じゃいあん」は10cmを超えまして、最近えさをねだるときに怪しげな音を立てて私を威嚇します。水槽のコーナーで口をバクバクすると、「ごぶっごぶっ」って音がするんです。私が視線を向けると、この音を立てるんです。で、「餌をくれ~」と、餌くれダンスをおどります。でっかいので、迫力があります。

 この音がね~、結構響いて怖いんですよ。

 今日、水槽の水を換えてあげたら、妙に元気になりました。よく泳ぐこと・・・。でっかくなったら水の汚れ方が半端じゃなくなってきました。

 水草は、無惨に食い散らされて丸裸です。あぁ、お願い、餌上げてるんだから、そんなにくわえて左右に揺らさないで!せっかく砂利に植えても上に浮いちゃうじゃない!

 本気で水槽を買い換えることを検討しなければ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.01.27

金魚の水

 私は金魚を飼っています。じゃいあん と ちゅねお と言います。じゃいあんは3歳半、ちゅねおは1歳半です。

 水槽の掃除にと、タニシを一匹入れておきました。おとといあたりお亡くなりになりました。
 殻が空っぽだったので、タニシ食べちゃったかなぁ、と思っていましたが、異様に水が汚い・・・。

 今日、目を凝らしてみてみると、サザエの壷焼きの身をきれいに殻から取ったような物体が・・・。

 あわてて水を替えてフィルターも換えました。2時間たった今、水がやっときれいになりました。砂利を洗ってあげる元気がなかったので、応急処置です。

 じゃいあん と ちゅねお にしてみたら、体の周りいっぱいに腐臭漂う水があったわけで、私だったら、タバコの煙が充満した部屋にいるだけで気分悪くなるのに・・・。かわいそうなことをしたなぁ、と反省です。でも、食欲旺盛なのはどうしたものか・・・。これ以上大きくなられても困るんですが。

 長生きしてもらいたいです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.09.15

ちゅねお(金魚)登場

 先日、金魚の すねお が死んでしまいました。残った じゃいあん 一匹では寂しくて死んでしまうといけないという意見になり、上司が先日のまつりつくばでもらったという ちゅねお を入れてみました。

#実際、今まで複数で飼っていた金魚を一匹にすると、死んでしまうことがあるそうです。

 

 分かるかな~???遠近法で ちゅねお が小さく見えているわけではありません。確かに じゃいあん の方が手前にいるのですが、そんなには離れたところにいません。 じゃいあん と ちゅねお の大きさの比較が多少は出来ると思います。

 ちゅねお の大きさは、2年前の じゃいあん の大きさです。2年でこんなに大きくなりました(^^)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.09.06

すねお(金魚)、さようなら

 朝来たら、みんなが「メール見た?」って言います。

 あぁ、すねお。駄目だったのね。

 昨日はエサを少しだけあげてみたのですが食べず。う~ん・・・、とは思っていたのですけれど、一晩で駄目になるとは・・・。転覆している姿も、弱って動かない姿も見ないまま、夜のうちに死んでしまったようです。

 バケツの底に横たわるすねお。職場には沢山木が植わっているので、ある場所をちょっと掘らして頂いて埋めました。くすんでしまった色が痛々しかったのですが、身体つきはとても立派で重く、金魚すくいの集団から偶然我が家にきたのに、たくましく成長してくれたのがよく分かりました。すねお、ありがとうね。

 じゃいあん、すねおの分も元気で生きてね。ジャンプはしないでね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)