2009.05.10

音楽劇 三文オペラ

 4月に渋谷のBunkamuraシアターコクーンで、5月は4日から9日まで大阪厚生年金会館芸術ホールで、音楽劇 三文オペラが上演されていました。わが敬愛するデーモン小暮閣下もジョナサン・ジェルマイヤ・ピーチャム役で御出演されてました。

 『三文オペラ』自体は結構有名な戯曲で、マッキ・メッサ(今回の音楽劇ではメッキ・メッサ)の名前ぐらいは聞いたことがあるのではないかと思われます。

 そんな戯曲を宮本亜門氏が演出し、結構過激な舞台となってました。過去には串田和美さんや蜷川幸雄さんが演出されたようですね。蜷川さんと言えばシェークスピアのイメージですけどね~。どんな舞台だったんでしょうか。

 閣下以外の出演者は、主役の三上博史さん、安倍なつみさん、松田美由紀さん、米良美一さん、つまみ枝豆さんなど、結構個性的な面々でした。

 閣下は言うに及ばず、皆さん素晴らしい歌唱力でした。失礼ながら、安倍なつみさん、見直しました。うまいしかわいい!メリハリもあってよかったです。ファンの方々の熱い声援もほのぼのする感じでした。(声は野太かったけど)

 三上さんは色っぽかったです。流石メッキ役。色男じゃないとね~。

 今回はいつも閣下のライブでお会いする、北の方に住んでいるKちゃんにチケットを取ってもらい(私よりもくじ運が良さそうだったから)、大阪まで出てきてもらって、Kちゃんと夫と私の3人で見に行きました。
 結構見やすい席でした。
 後ろは通路で、俳優さんたちが真後ろで演技したりしています。閣下も近くを何度も通られて感激(^^)。

 閣下がメンバーに入っているからかはわかりません(きっと、演出上の狙いがあるんでしょう)が、閣下以外は皆さん「白ぬり」され、閣下だけ本来のお姿での御出演でした。だから、「シンデレラ・ストーリー」やその他の芝居で、多少「むむ」と思う、周りとの違和感がまったくない舞台で、非常に楽しめました。

 一番最初は心臓が止まるかと思った・・・。効果的な演出です。
 米良さんの美声も迫力があり、本当によかったです。
 閣下の役どころが聖書の言葉を巧みに利用し、ロンドンの乞食を牛耳って裏社会を操るというピーチャムだったのも、注目すべきかもしれません。人間社会の醜いところ(あまり直視したくないようなところ)をズバズバとおっしゃられるのは、やはり胸に響きました。まぁ、セリフ自体は、閣下がおっしゃったから特に胸に響いた、というわけではないです。

 ただ、ラストの解釈が難しかったです。メッサは満足してなかったんですよね?

 演出家によって、同じ原作を使っていても、全く違うものに仕上がるんだと、今回しみじみと思いました。

 千秋楽を見に行ったので、カーテンコールで三上さんや松田さんの目に涙があるのが印象的でした。松田さんは結構前から泣いていた。それだけ思いが詰まった舞台だったんですよね。「本日の公演はすべて終了しました」も3回流れるほど、アンコールが鳴りやみませんでした。東京の千秋楽はどうだったのでしょうかね?

 見に行ってよかったです。


 Kちゃんには我が家に2泊してもらい、毎日日本酒を飲みました。大好きな「牛タン利休」のお肉や、ささかま、ホヤの塩からを買ってきてくれたので、日本酒がさらにおいしかったです。どうもありがとう!

 閣下が御出演されるライブ、次は「GIRLS’ ROCK ~Tiara~」でしょうか?楽しみです!その時に、また東京で会いましょう!(今度は東京と大阪に参加できる~、嬉しい~!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.24

本日「√Hakurai CULTURE ROCK SHOW」リリース!

 本日、「Hakurai CULTURE ROCK SHOW」発売日です。先日行われたライブの収録版。おまけもあるようです。

 イタリアから帰ってきたら、さっそく見なくては!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.04

角界 大麻疑惑について

 デーモン小暮閣下の公式BLOG『デーモン小暮閣下の地獄のWEB ROCK』でも触れられていますが、なんだか、悲しいですね。

***以下、長くなりますので、興味のない方はスルーしてください。***

 聖飢魔IIの信者になる前から相撲が好きでした。母と祖母が相撲好きだった影響だと思いますが、物心ついた時には相撲を見ていた気がします。最初は「赤い高ちゃん」と勝手に呼んでいましたが、高見山が大好きでした。ゲン担ぎの赤いまわしで登場すると、応援の声もさらに大きくなっていた気がします。母や祖母が応援していたのは朝潮とか北天佑だったかな?高見山引退後は千代の富士に心を奪われ、北の海戦では、母が北の海を、私が千代の富士を応援し、千代の富士が勝った時には涙を流して喜んだ小学低学年・・・、今思うと、私、変だ。

 祖母は若貴時代に乗っかりましたが、私はどうもこの二人にはなじめず(貴のおかげで千代の富士が・・・(;_;))、だからといって、相撲から離れたわけではありません。閣下が好角家として有名でしたが、幼稚園、小学校の時ほど熱心には見なくなった程度です。そのころのお気に入りは寺尾でした。

 外国人力士が増え、最近では金髪で目が青かったり緑かったりしても、そんなに抵抗はなかったんです。先に歩いていた高見山や武蔵丸は立派に日本の伝統である相撲を理解し、相撲界の発展に貢献していましたから、国は関係ないのかな、と思ってました。

 でも、今回のはがっかりです。今のところ容疑が掛かっているのは外国人力士だけですが、もしかしたら日本国籍の力士も手を染めているかもしれない。可能性は否定できませんよね。少し前だったら、相撲界に限っては、そんなことはない!って信じて疑ってなかったのに。相撲界の体質が、古き良き時代から甘くゆるいものになっちゃったのでしょうか。確かに、愛の鞭、の愛は、認められるどころか、鞭ばかりをクローズアップして訴えちゃったりするご時勢なのは確かですけれども、そこを敢えて精神的な鍛練、指導をしていくのが、角界の縦の社会だと思っていたんですけどね。

 さて、今回簡易検査で引っ掛かったとのこと。精密検査を今しているんですよね?結果が出るのに2日かかるということは、今、尿を精製して、GCMS(ガスクロマトグラフィー・マススペクトロメトリー)かLCMS(液体クロマトグラフィー・マススペクトロメトリー)で分析をするんじゃないかと思います。(昔尿からステロイドホルモンを精製してGCMSに掛ける仕事をしていた経験から)尿の精製・抽出には2日位かかります。また、GCでもLCでも、ものをクロマトグラフィーで分けたあと、質量分析にかけることで、物の質量数がわかります。これにより、副流煙由来なのか、大麻を吸ったもの由来なのかがわかります。特に、揮発成分は副流煙の場合大気中に逃げるので、体内には入らないため、尿からは検出されません。が、大麻を吸った場合には揮発成分も肺に送り込まれるので、血流にのって体内をめぐるため、尿から検出されます。また、他の類似物質による偽陽性反応も、ここで見分けることができます。例えクロマトグラフィーの析出時間が一緒でも、物質が違えば質量数やその複製物の分子量は異なりますので、見分けることができます。まぁ、精製の技術にかかってきますけどね。この方法以外に精密検査ってあるのかな?

 まだ使用は決まったわけでもなく、所持に関しては物的証拠が出ないため、立件できないんですよね?でも、疑われた、ということ自体、先に逮捕者が出ていること自体が問題なんだと思います。

 関取は、肉体的に強いのは当たり前ですが、精神的にも達観している人格者だと思っていました。更に、日本国籍であることはおいといても、関取としてある一定の業績を残したものでないと、年寄名跡(親方株)を得る権利が得られないのでしょう?日々の稽古で、精神の鍛錬も十分になされていて、その中でも抜きんでたものが横綱なんだと思っていました。横綱になっていなくても、関取になれるだけの力士は、精神面も肉体面も強いんだと信じてました。だからこそ、現役時代から後輩の指導ができるし、親方として親元を離れた少年を沢山指導できるし、親も安心して託せる、そんな世界が相撲界だと思っていました。確かに学歴という面では、小さい頃から相撲一辺倒で低いかもしれないけれど(中学でてすぐに角界入りした場合)、社会経験、精神年齢は高く、社会人としては立派な経験を積んでいるんだと、みんなが認めていたんだと思います。だから、そこに薬物が入るなんて思ってないんですよね。相撲って神事ですよね。出発点は。横綱って、本当に綱だったんですよね、注連縄だったんですよね、昔は。なんか、本当にがっかりです。怒りは湧いてこないのですが、柔道と同じく、スポーツになっちゃったのかなぁ、って残念に思います。


 角界にも派閥がありますが、今回はそんなの取っ払って、どうにかしないとまずいと思います。復活に期待します。精神的スポーツからの脱却を願います。

 久しぶりに思いのたけをぶつける(?)blogを書いちゃった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.05.19

「DEMON'S ROCK TOUR √Hakurai」@SHIBUYA-AX

 先日の5/17(土)に行われた「DEMON'S ROCK TOUR √Hakurai」の渋谷公演に行ってきました。ということで、閣下ネタですので、興味のない方はスルーしてください。あと、長文です。だらだらと自分のために記録を付けている感じなので、面白くない文章だと思います。お気をつけ下さい。


 本当はこの日の深夜、夫はお仕事で研究所に行かなきゃいけなかったんですけど、「生『魔界舞曲』が聞けるよ?生『FIRE AFTER FIRE』だよ?火吹きだよ?観たいよね?観たいよね???チケット取るよ!」と、半ば強制的に連れて行きました。なので、優先で取ったチケットではなく、夫の分だけぴあでゲットしました。

 再集結のときには友人と行きましたが、西暦1999年まで行われていたミサは、たまに母が一緒に来てましたが、ほとんど一人で参拝していたため、仲魔がいるって嬉しいな~、と最近思ったりしています。ライブ後に語れるっていいね!それは良いとして。戦闘服・・・じゃない、ライブへ着ていった服は、ミャンマーで買った民族衣装です。こういう機会じゃないよ着られないじゃない!ミャンマーである意味は特にないんですけど、夫には「政治的なメッセージがあるの?」と聞かれました。全くないです。

 物販に行けるだけの時間を残し、今回はぎりぎりに会場に行きました。隣では、こうだくみさんのコンサートがあった模様。みんなヒョウ柄チックなタオルとか紙袋を持っていました。

 会場でぼつぼつと知り合いと会いましたが、ほとんどすぐに中へ。夫はずいぶんと後ろの番号だったのでここで分かれ、友人と二人で会場に入りました。会場にはほとんど傾斜が無く、立ち位置をどこにしようか迷いました。少しでも前の方に行くには端に行かねばならないし、センターは背の高い人がいるし・・・。結局(失敗しましたが)、前から2/3位の所にあったバーの後ろ2列目に並びました。

 で、いつもの通り閣下の前説から始まり、ライブのスタートです!

 セットリストは、mixiのBUERさんがアップしてくださったのを参考にしました。どうもありがとうございます!
(mixi デーモン小暮閣下コミュ 「DEMON'S ROCK TOUR √Hakurai」トピック参照。)

1.今夜はANGEL
 日本でのカバーは椎名恵さんの、基曲「Tonight Is What Means To Be Young」。
 薄いスクリーン越しに閣下達が現れ、静かに始まるという前回とちょっと似たオープニングですが、すぐに幕が落ち、ノリノリに!そのまま閣下のオリジナルの曲に繋がります。

2.AGE OF ZERO!
 閣下がドラム缶をたたきます。閣下信者・ファンの中ではメジャーな曲で、いつもだと結構後半に持っていく曲が序盤に演奏されました。私はこの曲で汗が出始めました。

3.愛が止まらない
 日本ではWINKがカバーしましたね。「Turn It Into Love」。有線放送大賞かなんか取った曲だと思います。中学の時かな、高校の時かな、同級生と踊りながら歌ったような、歌わなかったような・・・。思い出深い曲でございます。

 この会場、とっても空調が利いていて、前はあせだくだったのが、寒いくらいに汗が引いていきました。 MCが長いと冷えちゃうくらいに(^^;。

4。TATOO
 中森明菜さんの曲です。明菜さんが「TATOO」ベストテンかトップテンに出たときのビデオが残っていましたが、なんと聖飢魔IIもトップテン入りしてたわけじゃないですけど出てた回に出演していて、前回のGIRLS’ROCK(以下GR)で選ばれたのはそんなところもあったのかなぁ、なんて思った曲でした。閣下がね~、衣装のファスナーを下げて、肌をちらちらと!きゃ~、いろっぽ~い!

5.Mr.サマータイム
 すいません、サーカスが歌っていたということですが、基曲もカバー曲も知りませんでした。GRhakuraiで初めて聴いた曲です。閣下の口笛のすばらしさがさえ渡る曲です。

6.ヒーロー
 麻倉未稀さんの「Holding Out For A Hero」。高校がドラマ「スクール☆ウォーズ」の撮影校だったので、結構思い入れはある曲ですかね。イントロから思わず拳を振り上げてしまうほど格好良いし、気合の入る一曲です。

7.雨音はショパンの調べ
  小林麻美さんの曲で、Gazeboの「I Like Chopin」が基曲ですが、小林さんの方、あまりよく知りませんでした~。なので、どうノッて良いのかわかりませんでした(^^;。

8..Ass hole!
 聖飢魔IIの曲ですが、聖飢魔IIが演奏したのを聞いたことがあるか?と聞かれると、記憶にない・・・、うなってしまうほどレアな曲です。でも、大好きです。そうか、小教典にしか入ってないのね。納得。
 聖飢魔IIの曲になると、観客のノリが変わります。仕方がないことだと思いますが、閣下はどう受け止めてらっしゃるのか?と思うと複雑です。でも、ノリノリで「Ass hole!」のところは叫んでました。ま、御下品(^^;。

9.HAPPY DAY TO CLIMB & SUPER NICE DAYS
 閣下が抜け、バンドソロ紹介でした。マツザキサマ、ブルースが似合いそうなお声ですね。
 アンダースさん、よいお声だわ。にっこり笑ったお顔が素敵。
 オーラさん、思ったよりも声が高いのね。背も高いけど。
 大橋さん、丸くなって好感度200倍アップだわ!
 公太さん、歌も歌えるドラマーなんて素敵!

10.THE BEST IS YET TO COME
 アンダースさんとオーラさんが所属していた?所属している?バンドの曲でした。が、みんなでさびの所を歌いました。やっぱりみんなで「歌う」って好きだな~。

11.チェリーボンブ-悩殺爆弾-
 ガールズのCherry Bombです。すいません、次に来る曲が待ち遠しくて、気もそぞろでした・・・。

12.魔界舞曲
 聖飢魔IIの曲です。第三教典です!大橋さんがジェイル代官だったときの曲です。
 川崎でこれを聴いたとき、泣くのを通り越して笑っちゃいました。嬉しくて。さすが千秋楽はみんな羽扇(ジュリ扇)や扇子、扇がひらひらと舞いました。後ろから見ていると、本当にみんなが楽しんで踊っているようで、綺麗でした。私も青い羽扇をひらひらとしましたよ!当たり前じゃないですか!この曲は踊り狂わないといけません。

13..太陽がいっぱい
 閣下のソロで、私が一番好きな曲がこれです。 だいたいアンコールとか、ラストの曲で使われるほど大ノリな曲です。「魔界舞曲」のボルテージをそのまま受け継いで突っ走る感じで、拳振り上げっぱなし~。

14..穴があったら出たひ
 聖飢魔II時代に、閣下が出された 『好色萬声男』で、スーパースランプの曲をカバーした曲です。掃除機に吸い込まれちゃう歌なんですけど、「俺は出る~」と叫びまくりました。鼓は・・・イマイチだったかな(^^;。

 これで本編終了。

アンコール1
 アンコールをスウェーデン語では「En gång till!(エン・ゴン・ティル)」というらしいです。(レンコン切るではない、とおっしゃられていたような・・・。)この言葉でのアンコールでしたが、普段よりも声が小さかったような?

.ダンシング・ヒーロー
 荻野目洋子さんの「Eat you up」でした。

FIRE AFTER FIRE
 聖飢魔IIの曲です。第二教典です。聖飢魔IIのミサでも、アンコールとかトリとかの曲です。川崎では火吹きも観られましたが、渋谷ではありませんでした。夫よ、ごめん。
 頭振り、腕を振り上げ、叫びまくり。あぁ、素晴らしい。なんて素晴らしい曲なんでしょう。ただ、今回はやはり、うーん、ちょっとだけギターとドラムが違うけど。いいんです。閣下の声で聞ければ。もう二度と聞けないと思っていた曲をやっていただいて、嬉しいです。川崎ではこの曲のお陰で、社会復帰するのに3日かかりました。夫がアメリカから帰ってこなかったら、社会復帰までもっと時間がかかったかと思います。それくらいインパクトがありました。

アンコール2
 ハート8
 閣下のソロの曲です。ちょっと可愛い感じの曲かな~。「は~い!はい!」は元気にお返事した、って感じかな~。

 セットリストは以上です。
 MCの内容は、文章で書いても楽しさが伝わらないのでどうしよう・・・。
 アンダースさんが日本でびっくりしたことは、電車の中でも喫茶店でも、みんなすぐ寝る。日本のビジネスマンは疲れている、とか、オーラさんが初めて地震とにあったときに、動画撮ったとか、でも、アンダースさんは寝てたとか。重要なのは「マーケット」なのに、なんで「スーパー」って略すんだ、とか、かんじゃにえいとで略しちゃいけないのは西であって、それを略したら、関東なのか関西なのかわからないじゃないか、とか・・・。あ~、文章にするとつまらない~。
 MCはいつもの通り会場大爆笑。さだまさしさんのコンサートも面白いらしく、「歌はレコード(CD)で聞けるから、もっと話を聞かせろ」という意見が多いんだ、と本人が何かで語っていたのをかなり昔に聞いたことがありますが、それと同じことが起こりつつあるのかなぁ、なんて感じてました。本当に楽しいトークなんですよ。閣下のお姿からは想像付かないかもしれませんが。ウソだと思うなら、是非ライブに行って下さい。もしくは、DVDを買って!

 オーラさんとアンダースさん、最高です。素晴らしいスウェーデン人です。今回アンダースのご家族も来てましたが、北欧人!っていう髪 の色でした(それしか見えなかった)。また来て欲しいものです(無理かもしれないけど)

 この後、いつものメンバー(?)で飲んで帰りました。
 我々夫婦、つくばエクスプレスと高速バスの最終に乗り遅れたので、夜の秋葉原を徘徊(^^;。ビジネスホテルを見つけて休みました。返ってよかったかな~。どうかな~。

 肉体的には疲れましたが、精神的にはとっても充実したライブでした。

 DVDになって発売されるようです。きっとほとんど収録されるとおもいますので、興味を覚えたかた、是非買ってみてください。

 とりとめもない文章につき合ってくださってありがとうございました。

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008.04.22

DEMON'S ROCK TOUR √Hakurai

 デーモン小暮閣下ネタですので、興味のない方はスルーしてください。

 閣下からのお達しがあり、ネタバレはありません。どんな曲をやったかなどは「推測」していただければと思います。(分かるようには書かないと思うけど・・・。ばれたら楽しみが減るでしょ?)

 さてさて、『北欧の使い魔たちとの " 舶来 " TOUR ! DEMON'S ROCK TOUR √Hakurai』に行ってきました。初日である4月20日(日)、川崎CLUB CITTA'です。整理券番号は123番。本当は夫も行くはずでしたが、アメリカに行ってしまったので、友人を誘っていきました。

 今回のツアーは、先日リリースされた『GIRLS’ ROCK √Hakurai』のツアーです。そのアレンジを手がけたアンダース氏もベース・コーラス・その他の楽器で参加してました。また、PVで格好良いギターの演奏を披露してくれたオラ氏もいい味だしてました!最初は雷電さんも参加予定でしたが、ジュリマリの五十嵐さんがドラムをたたき、代官だった(?)大橋さんも参加、キーボはマツザキ様と、凄いメンバーでのライブでした。

 もう汗ダク!でも、オールスタンディングでしたが、押し合いへし合いもなく、結構余裕のあるライブでした。私(達)が陣取ったのは舞台中央のポールの真横。ポールがあるため、寄っかかることもできるし、その上に乗っかるようにすれば人もいないし、閣下は目の前だし、良いところだと思います。ただ、目の前の女性が背が高かった・・・。これは運なので、しょうがないですね~。

 メンバーの方たちそれぞれに「こだわりの曲」があり、その曲になると「先生が替わって」練習が始まったそうです。ある曲はアンダースさんが、ある曲は大橋さんが、ある曲は五十嵐さんがもっと練習しよう!とか・・・。五十嵐さんの公式HPの日記によると地獄の千本ノック、のような練習だったとか。いつも演奏&歌唱は巧いのですが、今回のツアー、磨きが掛かってます。

 変な話、多くのアーティストではCDと同じグレードでの演奏も歌も、ライブではほとんど聴けません。歌詞の間違えは置いておいて、ノリは最高でも、完成度はどうしても落ちちゃうんですよね。そりゃCDのレコーディングは最高傑作に仕上がったものでしょうから、当たり前と言えば当たり前。でも、閣下のライブでは、聖飢魔II時代を通じて、完成度の高いステージが堪能できます。今回はもっと凄かったです。アンダースさんのこだわりによるものだと思うのですが・・・。

 でも、初日ならではのアクシデント(おちゃめ?)もあり、ご愛敬たっぷり、演奏巧い、閣下の声の伸びも素晴らしい、大満足なステージでした。歌詞の間違い、少なかったと思うし!(きっと閣下もそれをしゃべろうかと思ってらっしゃったと思います。でも、言った次の曲で歌詞間違えたら目も当てられないので、きっと言うのを止めたんじゃないかしら?っていうトークの一場面がありました。)

 アンダースさんとオラさんが、「覚えたての日本語」を披露してくれます。「8kg痩せました」だったかな?コーラスでは流ちょうなのに、ちょっとつたない「8kg痩せました」とのギャップが可笑しいです。

 盛り上がったのは、どうしても昔の曲になりますが、「うそ~!この曲やっちゃうの?うわ~!頭振っちゃえ!踊っちゃうよ!拳を挙げろ~!」ってのがてんこ盛り。もし迷っている人が今したら、今からでも遅くはありません。チケットをとって是非見に行きましょう!絶対信者なら行った方がいい!信者じゃなくても、閣下達のすごさを体感することが出来ますので、行きましょう!!!

 物販はエコが増えてきたかな~?でも、赤いアレはちょっと高いんじゃないかと思います。(でも、渋谷では買っちゃうんだろうな)だったら、ピンクの有害アレイみたいに、CDにくっつけてくださっても良いかな、と思いました。

 最終的なライブの感想は、5/17の渋谷が終わったら書けると思います。(期待している人はいないと思いますが(^^;。)そのときに書きたいと思います。

***

 今回のライブでは、現地でKちゃんとRちゃん、KBさん、Mさん、友人のS、私の6人で合流、飲みをしました。特にKちゃんとはホテルが一緒で、4時までくっだらないはなしをしてしまった(^^;。長い時間つき合わせてごめんね。でも、楽しかった!次の日は、Rちゃんが仕事後駆けつけてきて、本当はそこで失礼するはずだったんだけど、カラオケまでして帰ってきました。これまた聖飢魔II・閣下縛り(だれも縛ってなかったけど)で楽しいカラオケでした。私の声は、(歌もそんなにうまくないんだけど)聖飢魔II歌うには高すぎる、というかアニメ声、というか、迫力がないのが分かっているんですけど、好きなものは好きなんじゃ~!と思う存分歌わせていただきました。黙って聞いててくれて、ありがとね!

 また渋谷であいましょう!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008.04.08

山野楽器のイベント

 デーモン小暮閣下の話題なので、興味のない方はスルーしてください。

 山野楽器は良いお店!
 この認識をしたのは、ずいぶん昔です。『しゃぶしゃぶレンジャーのうた』のCDを探しに行ったときです。
 デーモン小暮閣下が作詞・作曲をされたと言うことで、CDを買いに行きました。でも、誰が歌っているのか分からない!

 で、山野楽器に行って「デーモン小暮閣下が作詞作曲の・・・、しゃぶしゃぶ何とか、ってCD、ありませんか?」と聞いたら「こちらですね」と間髪入れずに案内してくれました。その場所が『ミヒャエルシャブシャブスキー』の棚にある『しゃぶしゃぶレンジャーのうた』でした。いや~。思わず嬉しくて、らん月でしゃぶしゃぶ食べて帰りました。
店員さん、プロだな~って感じがします。自分で言っていて訳の分からない情報しか与えてないのに、しっかり「ミヒャエル」の所に案内してくれるなんて、凄すぎます。

 ちなみにミヒャエルシャブシャブスキーは、とってもデーモン小暮閣下のお声に似ている、伸びやかな声を持つ方のようです。

 さて、そんな好印象の山野楽器でのイベントに行って来ました。200人限定のトークショーで、整理券番号順に入場します。入場後は基本的には自分の好きなところにすわれます。前の方は一列9個の椅子が並んでいました。3列目のほぼ中央に陣取り、そのときを待ちました。

 PVを見るところから始まり、英語が堪能な鮎貝健さん(JAPAN COUNTDOWN のナレーターで有名?クラシック・ロック・ジャムの常連で、ロック フジヤマにも出演してました)を司会に、トークショーが始まりました。閣下の他には『GIRLS’ ROCK √Hakurai』、その前作の『GIRLS’ ROCK』のアレンジを担当したスウェーデン人のアンダース・リドホルム氏とギターのオラ・アフ・トランペ氏。とても聞き取りやすい英語でしたが、やはり早すぎて聞き取れないところと、「YOU TUBE」が全然分からなかったというのがありましたが、鮎貝さんや閣下の翻訳付きで問題なく、笑いありのトークショーでした。これは20日から始まるライブに期待が高まります!

 アンダースさんにはアンダースさんの、大橋(もう一人のギター担当)さんには大橋さんの、オラさんにはオラさんのこだわりがあるらしく、曲が変わるたびに一番こだわりを持っている方が「先生」となり、練習に励まれているそうです。楽しみだな~。

 一度退場された閣下がまた戻っていらっしゃって、200名と握手会。閣下の世を忍ぶ仮の中学生の時の担任の先生も現れ、盛り上がりつつ和やかな握手会でした。

 とりあえず報告でした!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.03.29

当選!<閣下のイベント>

 デーモン小暮閣下のニューアルバム発売記念のスペシャル・イベントにあたりました~!!!

 整理番号は200番まである模様。私の番号は20番台。これって、良い番号?良い番号よね!

 一枚につき一人しか入れないので、私だけ行ってきます。
 ちょっと早いけど、お誕生日のプレゼントを貰った気分です。(私の誕生日は、夫はニューヨーク。一人で過ごす誕生日です。ま、いつものことですが。)

 ものすごく、うれしい~!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.11.10

呪!デモンマス

 本日、デーモン小暮閣下の御発生日でございます。

 アップルパイを食べてお祝いしました。

 呪!デモンマス!!!


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007.10.31

閣下が「カイゲン」のCMに!

 11/1。

 デーモン小暮閣下が「株式会社カイゲン」のCMに登場されます(^^)。

 11/1。
 『彩雲国物語』の新刊が出ます。

 11/1。
 今年も残すところあと2ヶ月・・・。一年って早いわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.24

DEMON'S ROCK ENCORE TOUR!

 DEMON'S ROCK ENCORE TOUR、初日、川崎に参加の皆様、お疲れ様でした。
 筋肉痛で身体がバラバラになりそうですが、心地よい痛みでにやにやしています。

 職場に来た瞬間「やっぱり筋肉痛でへろへろで動けないじゃない!みゅーみゅーさん以外のみんなが、今日、動けなくなることを予想していたわ!」って上司に言われてしまいました・・・。ピペットだけ握れれば仕事は出来る!

 

 今回の戦利品です。
 原田喧太さんのピックです。初っぱなに飛んできたものです!他にも近くまで飛んできたモノはありましたが、獲得することは出来ませんでした・・・。白いお人形(???)欲しかったなぁ。

 今回、9/26にリリースされる「Demon's Rock Show!」の、DVD案内チラシをもらいました。ライブでの楽曲がほとんど入っているよう(会場でしか聴けない、今、一番危険(?)なあの曲は入っていません)ですが、順番が違います。初回限定版に付いてくるCDには、TALKが東京だけでなく、大阪、なごやのものも収録されている模様です。どんな編集がされているのか、とても楽しみです。

 一番楽しみなのは「写ルンです」なんですけど・・・。

 さて、今回のライブですが、オールスタンディングと思っていましたが、会場には椅子が用意されていました。コインロッカーに荷物を入れなくても良かったのと、席を取ってからドリンクを取りに行けたのが良かったです。ぎりぎりまで体力温存しないとね。

 オープニングはいつもの通り素敵なものでした。光と影の使い方が巧いんですよね~。

 ハプニングがありましたが、2度美味しい結果になったのでアレはアレで良かったのかな~(^^)。

 ライブが終わった後の飲み(お食事)も楽しいものでした。とっても!

 とりあえず簡単ですが感想をアップします。手直しは後日します。

 次は「聖飢魔II縛り」のカラオケでお会いしましょう!<関東の信者仲間へ

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)